Record China

ヘッドライン:

中国で新型コロナの国産ワクチン初承認、有効性は79.34%―中国メディア

配信日時:2020年12月31日(木) 14時30分
拡大
中国政府は31日、国有製薬大手、中国医薬集団(シノファーム)傘下の中国生物が開発した新型コロナウイルス不活化ワクチンを条件付きで承認したと発表した。中国国産ワクチンの承認は初めて。資料写真。

中国国営新華社通信によると、中国政府は31日、国有製薬大手、中国医薬集団(シノファーム)傘下の中国生物が開発した新型コロナウイルス不活化ワクチンを条件付きで承認したと発表した。

中国国産ワクチンの承認は初めて。報道によると、中国生物北京公司は30日、最終段階の臨床試験(治験)のデータを分析した結果、ワクチンの有効性は79.34%で、世界保健機関(WHO)と国家薬品監督管理局の基準を満たしているとして、同局に条件付き承認を申請したと発表していた。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

海外ハイリスク地域を訪問の中国の新型コロナワクチン接種者6万人、感染重症化ケースはゼロ―中国メディア

鄭忠偉氏は「緊急使用の過程で、ワクチンを接種した約6万人が中国国外の新型コロナウイルス感染ハイリスク地域を訪問した。現時点で、感染し重症化したケースは1例も報告されていない」と明らかにした。資料写真。

人民網日本語版
2020年12月23日 17時40分
続きを読む

ランキング