韓国との起源論争、誤解を解くには…―中国メディア

Record China    2021年1月17日(日) 13時30分

拡大

中国メディアの紅網は15日、「泡菜は韓国のもの?文化が“出て行って”こそ誤解が解ける」と題する評論記事を掲載した。

中国メディアの紅網は15日、「泡菜は韓国のもの?文化が“出て行って”こそ誤解が解ける」と題する評論記事を掲載した。

記事は、中国の人気YouTuberの李子柒(リー・ズーチー)さんが漬物(泡菜。中国語の「韓国泡菜」はキムチを指す)を漬ける動画に韓国のネットユーザーから批判が集まった問題に言及。「先日には、イラストをめぐって漢服は韓服を盗んだものという議論があったばかりだが、今度は四川の“泡菜”が韓国のキムチを盗んだとの言論が出ている」とし、「これらはいずれも中国に古くから存在し、単に皆が知らないだけであるということを繰り返し説明しなければならなくなっている」とした。

その上で、「泡菜は私たちが日常的に食べる漬物であり、韓国のキムチの作り方は四川泡菜と同じだ」とし、「中国の歴史をさかのぼると、『詩経』にも漬物は登場する。北宋時代、文豪・蘇東坡が泡菜を好んで食べたことから、彼の故郷である四川省眉山では『東坡泡菜』と呼んだ。現在では、韓国が輸入するキムチの99%は中国から。特にハクサイを多く栽培している山東省の加工工場から出荷される」と説明。「ハクサイをトウガラシで漬けるのを見ただけで、韓国キムチのパクリであると決めつけるのは、いささか言いがかりのきらいがある」とした。

一方で、「今回の件で、われわれも反省しなくてはならない」とも指摘。「中国は土地が広く、資源が豊かで、文化的な財産が非常に多いが、私たちが真に打ち出すことができる文化の『カード』は少なく、スケールも大きくない。一方、韓国人は文化のブランド力に非常にこだわっている。2013年には韓国のキムチが世界遺産に登録されたことを機に、各種のイベントや国内外の観光客へのPR活動が行われた」と紹介し、「文化自体には魅力が備わっているが、それを中国人が重要視するという『パッケージ(包装)』も大切。この点においては、私たちはまだ意識を高める必要がある」と主張した。

記事は最後に、学者の喩国明(ユー・グオミン)氏の「文化輸出の本質は、真実かつ全面的な中国文化を伝え、平等な発言権を得て、誤解を解消することだ」との言葉を紹介し、「このように見ると、中国文化は積極的に(海外に)出て行ってこそ、世界に中国をより身近に理解してもらうことができるのだ」と結んだ。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携