韓国の番組に出てくる「中国文化」がめちゃくちゃ、「時代混乱が過ぎる」の声も―中国メディア

Record China    2020年12月30日(水) 22時40分

拡大

「韓国の番組に出てくる中国文化はめちゃくちゃだ」と指摘する記事が28日、中国のサイトに掲載された。資料写真。

韓国の番組に出てくる中国文化はめちゃくちゃだ」と指摘する記事が28日、中国のサイトに掲載された。

記事がまず取り上げたのは、韓国の男性アイドルグループが楽曲を披露する際の演出。結婚など中国のおめでたいシーンに使われるデザイン「双喜紋」が登場したというもので、記事は「状況がよく分からない人は『ウエディングソングを発表?』と勘違いしてしまう。実はこの曲はブルース・リーに代表される中国カンフーに敬意を示す曲で、歌詞に呼応して『新英雄門』という文字が掲げられた門まで登場した。そうなると『双喜紋』にはどんな効果があるのかと聞かざるを得ない」と突っ込みを入れた。

記事によると、これを見た中国のネットユーザーは「中国の要素を理解しておらず、見た目がいいというだけで使ってしまうからこんなことになった」と推測したそうだ。

そして、記事が次に紹介したのは韓国の時代劇に出てきたセットの屏風。「この時代より後につくられる詩が書かれている」と指摘する記事は「何の理由もなく古代に出現して屏風に書かれているなんて訳が分からない」とし、大勢のネットユーザーが「時代混乱にも程がある」「笑い死にしちゃった」などの反応を示したと紹介。この他、ガールズグループMAMAMOOの衣装についても「韓国側は中国の漢服の要素を参考にしたことを否定し、多くのネットユーザーをひどく怒らせた」と言及し、「衣装の柄に『中国』の2文字がはっきりと描かれている上、衣装の要素は漢服のそれとかなり一致している。だが、韓国のデザイナーは『中国の文字ではなく、中国の要素も参考にしていない』と表明。見え透いたうそだ」と指摘した。(翻訳・編集/野谷

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携