Record China

ヘッドライン:

小保方氏のSTAP細胞疑惑、試練にさらされる日本の学術風土―日本華字紙

配信日時:2014年4月11日(金) 11時20分
拡大
10日、日本華字紙・中文導報は、「小保方氏のSTAP細胞疑惑、試練にさらされる日本の学術風土」と題した記事を掲載した。資料写真。
(1/2枚)

2014年4月10日、日本華字紙・中文導報は、「小保方氏のSTAP細胞疑惑、試練にさらされる日本の学術風土」と題した記事を掲載した。

その他の写真

STAP細胞の論文をめぐる問題で、理研の調査委員会は小保方晴子氏による不正行為があったと発表した。これについて、2012年ノーベル医学生理学賞受賞者の山中伸弥教授は、30代の研究者は未熟な人間であり、支援が必要だと述べた。

理研の調査委員会は1日の最終報告で、小保方氏が3年前の博士論文から画像を流用したことが、データの信用性を根本から毀損(きそん)したねつ造、改ざんであったと認定した。また、共著者の笹井芳樹CDB副センター長、若山照彦山梨大学教授はねつ造に関与していないが、2人の責任も重大であると断じている。

小保方氏は理研の最終報告に対し、「驚きと憤りの気持ちでいっぱいです」として、不正が認定された2点については悪意がなかったものであり、「あたかもSTAP細胞の発見自体がねつ造であると誤解されかねず、到底容認できません」と述べた。小保方氏の代理人弁護士は「理研が小保方氏に反論の機会を与えることなく、切り貼りだと決めつけ、勝手に推論したものだ」と述べた。

香港中文大学の李嘉豪(リー・ジアハオ)教授がSTAP細胞の再現実験に成功したと報じられていた件で、李教授は「誤解を与える伝え方をした。自分の作成したものはおそらくSTAP細胞ではない」と述べた。

iPS細胞研究で2012年ノーベル医学生理学賞を受賞した山中伸弥教授は、「私もそうでしたが、30代の研究者は、実験方法については一生懸命やって上手になっていると思うが、それ以外の様々な点についてはまだまだ未熟な人間です」と述べ、支援が必要だと語り、「不正を防ぐにはノートのつけ方を徹底させること。機構はノートをチェックする人の雇用も含めて対応してほしい」と述べた。(翻訳・編集/岡本悠馬)

関連記事

論文問題で小保方氏が会見=「細胞を作製し身の潔白を」「理研の失敗は明らか」―中国版ツイッター

9日、新たな万能細胞とされる「STAP細胞」の論文問題で、研究ユニットリーダーの小保方晴子が記者会見を開いた。同記者会見に関し、中国版ツイッターにも数多くのコメントが寄せられている。写真は中国版ツイッターでの書き込み。

Record China
2014年4月10日 10時44分
続きを読む

「韓流ドラマ好きは低学歴」論文に中国ファンが抗議広告で対抗=「だから知力の低さ疑われる」―中国ネット

19日、韓国人大学教授の「韓流ドラマ好きは低学歴で低所得」とする見解に抗議するため、中国人ファンが朝鮮日報に全面広告を出稿した。このニュースに、中国のネットは「だから知力の低さ疑われる」とあきれ声一色だ。写真は韓流ドラマ「星から来たあなた」。

Record China
2014年3月20日 20時9分
続きを読む

ランキング