Record China

ヘッドライン:

2020年「検索ワードランキング」で上位占めた男性タレント、1位はワン・イーボー

配信日時:2020年12月28日(月) 10時40分
拡大
2020年に検索ワードランキングの上位を占めた男性タレントの中で、最も長時間にわたってランキング内に登場したのは歌手で俳優のワン・イーボーとなった

2020年に検索ワードランキングの上位を占めた男性タレントの中で、最も長時間にわたってランキング上位に登場したのは歌手で俳優のワン・イーボー(王一博)となった。

北京有大家科技有限公司(Beijing Youdajia Technology)が手掛けるタレントデータを提供するアプリ「FUNJI」が公開したもの。今年1月1日~12月15日までの約1年間に、中国版ツイッター・新浪微博(Weibo)などの検索ワードで上位につけた男性タレントたちの滞在時間を概算し、ランキング形式で発表している。

1位に選ばれたのは昨年、ドラマ「陳情令」でブレークしたワン・イーボーで、3877.5時間となった。1位を獲得した主な要因は4つで、バラエティー番組「天天向上」のレギュラー司会者であること、ダンスバトル番組「這!就是街舞」が好評だったこと、主演ドラマ「有翡」や「冰与火」の話題が注目されたこと、30社以上の広告に起用されていることが挙げられている。

2位は同じく「陳情令」でブレークした歌手で俳優シャオ・ジャン(肖戦)で3555.3時間となった。今年は一部のファンが起こしたトラブルが起因となり、長期にわたって活動を阻まれたものの、堂々2位に登場したことが人気の高さと影響力の強さを物語っている。今秋以降に出演ドラマのテレビ放送と配信が続き、“解禁”の兆しがあったことでも世間の注目を集めた。

3位はTFBOYSメンバーのイー・ヤンチェンシー(易[火羊]千璽)で、3061.7時間となった。中国で昨年秋に公開された主演映画「少年の君(原題:少年的你)」が、昨年から今年にかけて中華圏の映画祭で主要賞を総なめに。来年4月開催の第93回米アカデミー賞では、国際長編映画賞の香港代表に選出されている。

4位から10位の顔ぶれは、チュー・イーロン(朱一龍)、ルハン(鹿[日含])、ツァイ・シュークン(蔡徐坤)、TFBOYSのワン・ジュンカイ(王俊凱)、ソン・ウェイロン(宋威龍)、レイ(張芸興/チャン・イーシン)、チャン・シンチョン(張新成)となっている。(Mathilda

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

ランキング