京都の街並みが美しい理由とは?=韓国ネット「うらやましい」「ソウルも…」

Record China    2020年12月27日(日) 11時0分

拡大

25日、韓国のインターネット掲示板にこのほど、京都の街並みが美しい理由を紹介するスレッドが立った。写真はスレッドに掲載されたイメージ。

2020年12月25日、韓国のインターネット掲示板にこのほど、「京都の街並みが美しい理由」を紹介するスレッドが立った。

スレッド主は、京都と他の地域の「店の看板」の写真を比較している。例えばコンビニ、カフェ、ガソリンスタンド、ファストフード店、駐車場、ドラッグストアなどの看板だ。他の地域と比べると、京都は茶色や黒、白などを多用し、色合いを抑えているのがわかる。

スレッド主は「京都の街並みがきれいなのは、華やかな看板に規制を設けているため」と説明している。

韓国のネット上では「これはうらやましい。一方で韓国の観光地を見ると…」「だから京都は癒される感じがするんだ」「日本は日本独自の感性があっていいなあ」「京都だけじゃなく、金沢や高山など歴史的な観光地はみんなそんな感じだよ」など、落ち着くと感じる人が多く、中には「大阪や神戸は京都から1時間ほどの距離なのに、こんなに雰囲気が違うのにびっくり」とのコメントも寄せられている。

一方で「ソウルもかつては看板が派手だったけど、呉世勲(オ・セフン)市長時代に整備して良くなった」「仁寺洞(インサドン)もハングルの看板しか使えないよね。コンセプトがあると見た目も良くなる」など韓国の実例を紹介する声も上がっている。(翻訳・編集/松村)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携