Record China

ヘッドライン:

iPhone12人気もなんのその!サムスンがスマホ世界シェア1位守る=韓国ネット「誇らしい」「シェアよりも…」

配信日時:2020年12月23日(水) 22時20分
拡大
22日、韓国・ニュース1は、「世界のスマートフォン市場で米アップルのiPhone12が人気の中、サムスン電子がシェアトップの座を守った」と報じた。資料写真。

2020年12月22日、韓国・ニュース1は、「世界のスマートフォン市場で米アップルのiPhone12が人気の中、サムスン電子がシェアトップの座を守った」と報じた。

カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチの調べによると、サムスン電子は10月の世界スマホ市場でシェア21%を記録し、1位をキープした。「下半期にアップルが新しいiPhoneをリリースするとサムスン電子のシェアは2~3%下落するが、今回は1%の下落に踏みとどまる善戦だった」としている。

アップルは初の5Gスマホ、iPhone12の人気を追い風に、シェアが前月比4ポイント上昇の14%となり、2位につけた。前月の2位、3位だったXiaomi(シャオミ、12%)と華為(ファーウェイ、11%)は、いずれも1ランクずつ下がった。

カウンターポイントの研究員は「iPhoneが強さを見せる中でサムスンがシェアを維持できた理由の一つは、新興市場の成長にある」と指摘。欧米や中国など主要市場に依存していた世界市場が、最近はインド、東南アジア、中南米など新興市場中心に再編成されていることが、サムスンの善戦の要因だと分析したという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「さすがサムスンだ。誇らしい」「サムスン、ファイト!」「米国、中国のメーカーに打ち勝つサムスン、素晴らしいね」など喜びの声が寄せられている。

一方で「iPhoneが10月中旬に発売されたんだから、来年の記事を見て評価すべき」「『iPhoneに勝った』と言えるのか?」などの指摘もあるほか、「iPhone12 Proは在庫不足。ギャラクシーは安売り処分。シェアが答えではない」「アップルの収益がいくらかが重要だよ」などの意見も見られた。(翻訳・編集/麻江)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング