Record China

ヘッドライン:

最新ドラマの再生ランキング、話題の「有翡」は4位、大作史劇「大秦賦」がトップに

配信日時:2020年12月23日(水) 11時20分
拡大
このほど配信スタートして今年最後の話題作となっているドラマ「有翡」だが、直近の1日あたりの再生回数データによると、最新作に押されて4位となっている。

このほど配信をスタートして今年最後の話題作となっているドラマ「有翡」だが、直近の1日あたりの再生回数データによると、最新作に押されて4位となっている。

今月16日に騰訊視頻(テンセント)が配信をスタートした「有翡」は、「陳情令」のワン・イーボー(王一博)、「明蘭~才媛の春~」のチャオ・リーイン(趙麗穎)が主演するファンタジー時代劇。今春のクランクアップ後、ずっと配信が待たれていた話題作だった。

捜狐(SOHU)が報じた直近の再生回数データによると、トップに立っているのは時代劇の「大秦賦」。映画「迫り来る嵐」の俳優ドアン・イーホン(段奕宏)らが出演し、戦国末期を舞台にした本格時代劇で、「大秦帝国」から続くシリーズ4作目にして完結編。1日あたりの再生回数は4128万回となっている。

2位は「有翡」と同じく16日からスタートしたラブコメドラマの「她和他的恋愛劇本」で、1日あたりの再生回数は2282万回。3位も同じ16日スタートのサスペンス大作「黒白禁区」で、オウ・ハオ(欧豪)ら人気俳優が出演。同2181万回となっている。

4位の「有翡」は同1969万回となり、2000万回突破に届かず。配信スタート時には吹き替えの技量やカメラに不満の声が上がったが、その後はワン・イーボーが演じる「陳情令」とは違う動感のあるキャラクターや、チャオ・リーインの演技に称賛の声も上がっている。(Mathilda

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング