日本が過ちを認めたのに、台湾メディアはまだわれわれのせいにする―中国メディア

Record China    2020年12月23日(水) 17時0分

拡大

22日、環球網は、台湾・台中市で発生したメトロ車両の重大な故障について、日本のプロジェクト責任者がミスを認めた一方で、台湾メディアが「中国本土のせいだ」と主張していると報じた。写真は台中メトロ。

2020年12月22日、中国メディアの環球網は、台湾・台中市で発生したメトロ車両の重大な故障について、日本のプロジェクト責任者がミスを認めているにもかかわらず、台湾メディアが「中国本土のせいだ」と主張していると報じた。

記事は、今月19日に開業を控えていた台中メトログリーンラインの一部車両について先月下旬に重大な故障が見つかった問題について、中央社などの台湾メディアが「列車の断裂部分は中国本土製である」と報じ、今回の故障が中国本土メーカーの責任であることを暗示するような報道を行ったと主張した。

その上で、プロジェクトを請け負っていた日本の川崎重工が21日に記者会見を開き、事故原因が「部品の組み立て不良」によるものであると説明するとともに、代表者が2度立ち上がって頭を下げ、謝罪を行ったと説明。

また、部品の製造元について川崎重工側が「中国本土で製造されたものだが、サプライヤーは米国企業のワブテック。この企業は複数の国に生産拠点を持っている」と回答し、交換用の部品がワブテックのフランス工場で製造されることを明らかにした、と伝えている。

一方で、台湾では22日になっても民進党寄りのメディアを中心に引き続き「部品が中国本土製」という点ばかりが強調されて報じられており、一部メディアに至っては「日本側による謝罪は、部品が中国本土製だったから行ったものだ」といった曲解報道まで出ていると主張。「台湾メディアによる事実の歪曲(わいきょく)は実に低レベル」「台湾メディアの作業は本当に楽そうだ。中国本土を蔑視すればそれでいいのだから」と痛烈に批判した。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携