Record China

ヘッドライン:

「ジャパン・アズ・ナンバーワン」出版後の20年に何が起きたのか―中国メディア

配信日時:2020年12月23日(水) 12時20分
拡大
21日、北京日報は、1979年に「ジャパン・アズ・ナンバーワン」を出版したエズラ・ボーゲルさんの死去に際し、同書に関連するコラム記事を掲載した。

2020年12月21日、北京日報は、1979年に「ジャパン・アズ・ナンバーワン」を出版したエズラ・ボーゲルさんの死去に際し、同書に関連するコラム記事を掲載した。以下はその概要。

ボーゲルさんは米国時間20日にマサチューセッツ州ケンブリッジの病院で死去した。90歳だった。東アジアの研究に従事していたボーゲルさんは1979年に「ジャパン・アズ・ナンバーワン」を出版し、日本や米国のみならず、世界で大きな反響を引き起こし、西側経済界の必読書となった。その内容は80年代の日本経済の盛り上がりを見事に予測したが、90年代以降はバブル崩壊、金融危機、経済の衰退と、予測が外れる結果となった。

この点について、ボーゲルさんは2000年に出版した「日本はまだナンバーワンか」という書籍の中で「ジャパン・アズ・ナンバーワンというのは、日本が米国を超越して世界一の経済大国になることではなく、日本人がさまざまな分野で能力を発揮し、世界一の成果を得ることを指している。例えば基礎教育レベルの高さ、犯罪率の低さ、企業が持つ忠誠度の高さ、有能な人材を取り入れる官僚機構、品質が保証された工業製造などで、それは現在に至るまで大きく変化していない」と説明している。

また、90年代の停滞を生んだ大きな理由は「世界の変化に日本がついていけなかった」ことだとし、発展の安定期に入ると同時に新しいグローバル化の波が訪れる中で軌道を修正し、柔軟に対応していくことが、日本にはできていなかったとの見解を示した。その事例として、大学の官僚化、学歴重視の就職により学生の創造力が不足し、国際社会に対応できる人材が育たなかったこと、そして工業、商業、文化産業のいずれにおいても「第一に自国市場を考え、積極的にグローバル市場に融合しようとしなかった」ことを挙げた。

だたその一方で、ボーゲル氏は「日本はナンバーワンではないが、多くの外国人が思っているよりもまだまだ強く、危機や衰退には陥っていない」と指摘し、バブルが崩壊しても社会が崩壊することはなく、今なお秩序正しく運営されているほか、経済的にも20年近く世界2位の座を守り続け、2010年になってようやく中国に抜かれたことをその根拠として示している。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「反日映画の大量公開は不要」エズラ・ヴォーゲル氏、日中関係を語る―中国メディア

29日、無界新聞は記事「エズラ・ヴォーゲル:中国はもはや反日映画を大量公開する必要はない」を掲載した。社会学者エズラ・ヴォーゲル氏は28日、北京大学スタンフォードセンターで日中関係に関する講演を行った。写真は反日映画「兵臨村下」。

Record China
2015年10月31日 17時50分
続きを読む

世界の歴史学者187人が集団声明、安倍首相に歴史の直視訴える=「権威ある学者の意見、無視できない」「日本が耳を傾ければよいが…」―韓国ネット

6日、韓国・聯合ニュースは、世界的に著名な歴史学者らが、日本の安倍晋三首相に、従軍慰安婦問題と関連した歴史的事実を歪曲(わいきょく)することなく、直視するよう求める声明を発表したと報じた。これに対し、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。資料写真。

Record China
2015年5月6日 14時54分
続きを読む

ランキング