2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

ダライ・ラマ14世が語る現代中国「習近平は勇気がある」―ジャーナリスト相馬勝が単独インタビュー

配信日時:2014年4月12日(土) 7時40分
ダライ・ラマ14世が語る現代中国「習近平は勇気がある」―ジャーナリスト相馬勝が単独インタビュー
画像ID  417284
筆者はさきごろ、来日中のチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世と滞在先の京都で単独インタビューを行った。写真は筆者のインタビューに応じるダライ・ラマ14世。
筆者はさきごろ、来日中のチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世と滞在先の京都で単独インタビューを行った。ダライ・ラマは新疆ウイグル自治区やチベット自治区における中国当局の弾圧は宗教的、民族的差別に基づくものであると強く批判する一方で、自身の非暴力主義や中道主義、中国におけるチベット人による高度な自治といった考え方が徐々に中国の知識人らを中心に広く浸透しており、チベット仏教やチベットの伝統、文化、慈悲の思想などについて中国人の理解が深まっていると強調した。

その他の写真

▼ダライ・ラマ14世インタビュー

われわれチベット人が難民になって以来、自然に新疆ウイグル自治区から逃れたウイグル人難民と知り合いになり、1990年ごろ、インドのデリーで初めて両者の会議が開催された。その後、わたし(ダライ・ラマ)は米国や欧州各国でウイグル人難民と会うようになり、ここ数年、中央チベット政府(チベット亡命政府)と亡命ウイグル人グループの代表が連絡を取り合っている。

彼らのなかには完全に暴力を肯定するグループと、暴力を否定する2つのグループがあり、世界ウイグル会議のラディア・カーディル議長は後者だ。わたしはこれまで彼女と数回会って話をした。彼女は最終的に私と同じく、非暴力は最高の方法であり、中国からの分離独立を目指さず、中国に留まって自治を享受することに賛成し、我々の立場は完全に一致した。

しかし、わたしは新疆の状況は非常に厳しいと思っている。漢族(中国人)はイスラム教やイスラムの伝統、文化、考え方に偏見を持っており、ウイグル人を差別している。これは政治的、宗教的な問題で、自治区政府や民衆はウイグル人の立場を尊重しなければならないのだが、現実はそうではなく、弾圧している。さらに、ウイグル人のグラスルーツ的な(暴力的)行動は多くの問題を生んでいる。これは中国人にとって居心地の良い状態ではない。本来ならば、支配階層である中国人がウイグル人に寛容な態度を臨むべきだ。例えば、われわれチベット人の場合、中国人を兄弟姉妹と思って尊敬しており、チベット人が中国人を否定するような態度や行動をとらないように気をつけている。

わたしは非暴力的なアプローチが多くの中国人の兄弟姉妹の共感と支持を得られていると感じている。特に、中国の知識人は全面的に我々と一体であると思っている。一方、新疆ウイグル自治区では数年来、多くの暴力的な事件が起きており、状況はチベット自治区よりも悪化している。もし、暴力が有効な手段ならば、新疆の状況は改善されているはずだが、そうなってはいない。新疆のウイグル人は極めて悲劇的な状況に直面している。

だからこそ、我々は非暴力の原則を貫き、中道路線で、高度な自治を獲得すべきなのだ。我々は絶対に独立しないし、チベット民族の旗幟を鮮明に掲げることは毛沢東主席も保証してくれたことだ。ただ、現在の中国共産党指導部のなかには、われわれを中国とチベットの分離独立を図る分裂主義者だと言う者もいるが、われわれは決して分裂主義思想の持ち主ではない。

そもそも共産主義システムとはマルクス主義だとわたしは思っている。少なくとも社会や経済はマルクスの考え方に則っていかければならない。マルクス経済の基本的な考え方は富の公平な分配である。これは資本主義経済よりも現実的な考え方だ。資本主義はそのようには考えず、個人や企業の利益を追求するからだ。

わたしが初めて見た共産主義者は中国人民解放軍だった。彼らは毛沢東主席の下で「解放」というスローガンを掲げていた。わたしは当時、毛主席こそが真のマルクス主義の理想を実現する人物だと思っていた。わたしは1954年に10カ月間、北京をはじめ地方都市を訪問したが、粗衣粗食で素朴な毛主席のライフスタイルに共感した。他の地方指導者の態度も非常に洗練されており、直接的な物言いであり、素朴な人々ばかりだった。彼らは全国民が平等で、階級のない理想の社会を作ろうとしていた。彼らの経済に関する基本的な考え方は富の分配であり、マルクス主義を信奉していた。彼らは魅力的であり、わたしはいまでも彼らの考え方や言動に共感を持っている。

このため、わたしもマルクス主義の理想社会を建設したいと切望し、党幹部に「中国共産党に入党したい」と申し出たほどだ。しかし、わたしは56年から57年にかけて、毛主席が独裁主義的なやり方に毒され始めたと感じ、失望するようになった。

わたしはこれまで60年あまりの間、現代中国の歴史をみてきた。中国共産党による一党独裁体制は「富の分配」や「労働者階級による統治」の実現を目指したマルクス主義の本質からかけ離れており、民衆の支持を得ていない。その証拠にこの60年あまりの毛沢東主席ら5人の最高指導者の主張や政策は、その時々の社会的背景によって変化しており、同じ共産党でも対応が違うからだ。

毛主席の時代はイデオロギーを強調し、現実から乖離していった。次のトウ小平時代には現実を直視し中国を開放して、経済の重要性を強調し、中国に大きな変革をもたらした。江沢民時代には億万長者や中間層が急速に増加し、資本家も党員になれるという「3つの代表理論」を打ち出し党の支持基盤を強固にした。胡錦濤時代には貧富の格差が拡大し、彼が掲げた理想的な「和諧社会」は実現しなかった。和諧には信頼が必要だが、彼は武力で騒乱を鎮圧し、恐怖や悲しみを作りだした。これらは信頼とはまったく相容れないものである。

新指導者である習近平は腐敗と貧富の格差の是正に真剣に取り組む行動の人だ。わたしが米国などで会った中国人は「習近平が毛主席を信奉している」と語っていた。わたしは毛主席には直接、数回会って数時間話したことがあるが、習近平に会ったことはない。だが、この二人の指導者には異なる点が多いと思う。毛主席はモスクワを訪問しただけで他の外国に行ったことがなく、教育もろくに受けていない。習近平は多数の国々に行き、近代的な現代的な教育を受けている。毛主席は農民のバックグランドがあり、彼の話し方はゆっくりだが、その言葉には深い意味が込められている。例えば、毛主席は「チベットは非常に独特な文化を持っており、他の省とは違う」と述べて、チベットを重視していた。

わたしが聞いたところでは、習近平は実務的で、行動的、現実的な指導者であり、腐敗撲滅ばかりでなく、中国の法体系の改革にも積極的だ。わたしは常々、「中国の司法システムは前近代的であり、国際基準に合わせるべきだ」と主張してきたが、習近平が法体系の改革に着手したことは道理にかなっている。習近平は勇気があり、他の指導者に比べても注目に値する。

◆筆者プロフィール:相馬勝
1956年、青森県生まれ。東京外国語大学中国学科卒業。産経新聞外信部記者、次長、香港支局長、米ジョージワシントン大学東アジア研究所でフルブライト研究員、米ハーバード大学でニーマン特別ジャーナリズム研究員を経て、2010年6月末で産経新聞社を退社し現在ジャーナリスト。
著書に「ダライ・ラマ『語る』」 (小学館101新書)、「中国共産党に消された人々」(小学館刊=小学館ノンフィクション大賞優秀賞受賞作品)、「中国軍300万人次の戦争」(講談社)、「ハーバード大学で日本はこう教えられている」(新潮社刊)など多数。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事