Record China

ヘッドライン:

広州マラソン、勝手に参加したランナーに終身参加禁止処分―中国

配信日時:2020年12月20日(日) 21時30分
拡大
中国・広州で13日に開催された「2020広州マラソン」に正式なレース参加資格を得ていないのに勝手に参加した男性ランナーについて、大会組織員会は、同大会への終身参加禁止処分としたことを明らかにした。

中国広東省広州市で今月13日に開催された「2020広州マラソン」に「蹭跑(正式なレース参加資格を得ていないのに勝手に参加すること)」して完走した男性ランナーについて、大会組織員会は18日、「同大会への終身参加禁止処分とするとともに、処分の決定について中国田径協会(中国陸上競技協会)に報告した」と明らかにした。

中国メディアの捜狐新聞によると、当日のテレビ中継にゼッケンなしで走る男性の姿が映っていた。レース参加者と大会ボランティアには新型コロナウイルスPCR検査の陰性証明の提出が求められていたことなどから「蹭跑」した男性に対する批判が沸き起こっていた。

北京日報によると、大会組織委員会は「男性に即座に連絡するとともにPCR検査を実施し、結果は陰性だった」と明らかにした。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

2020年北京マラソンが取りやめに

北京マラソン組織委員会はこのほど、マラソン参加者や市民の健康・安全を確保し、新型コロナウイルス感染症の予防・抑制を着実に実施するため、2020年北京マラソンを取りやめると発表しました。

CRI online
2020年12月7日 15時10分
続きを読む

ランキング