Record China

ヘッドライン:

〈一帯一路実践談48〉なぜ有名?「五星出東方利中国」錦

配信日時:2020年12月19日(土) 16時20分
拡大
1988年筆者ら「日中共同ニヤ遺跡学術調査」第一次隊も小都市ミンフゥンから4日間悪戦苦闘して遺跡中心に残存する仏塔へたどり着いた。写真は鳳凰・瑞雲・白虎なども織り込まれた「五星出東方利中国」錦。

今年7~8月NHKは「シルクロード」を再放送した。40年前にタクラマカン沙漠ニヤ遺跡へ苦労して到達する様子も放送された。1988年筆者ら「日中共同ニヤ遺跡学術調査」第一次隊も小都市ミンフゥンから4日間悪戦苦闘して遺跡中心に残存する仏塔へたどり着いた。

以来苦労を重ねて、1995年第七次調査で「五星出東方利中国」錦を発見した。この大発見は中央へ速報され、「特別」評価を受けた。人民日報・CCTV・日経・NHKなどで大きく報道された。「1995年中国十大考古新発見」「20世紀中国考古大発見100」に選ばれた。2002年「五星」錦は中国の膨大な全文物から「出国展覧禁止文物」64点のひとつに選出され、「国宝中の国宝」となった。ニヤ調査30周年にあたる2018年中国側は新疆博物館で「ニヤ・考古・物語-中日ニヤ調査30周年成果展」を開催し、「五星」錦が特別展示され人気を博した。日本側は『中国新疆36年国際協力実録』を出版。2019年には「五星出東方利中国」錦がCCTVの人気番組「国家宝蔵」で大々的に放送された。

(CCTV日曜夜90分の大型番組「国家宝蔵」で「五星」特番)

五星とは太陽系の「水・金・火・木・土」の5惑星。東方に同時に現れることは珍しく、中国などでは古来より吉兆とされている。「五星」錦の「中国」は当時の中原地方を指している。製作年代は2~3世紀。中原王朝から西域36国「精絶国」(ニヤ遺跡)の王に贈られたとされている(兪偉超中国歴史博物館長・故人)。幅18.5×縦12.5cm、これに紐が縫い付けられている。元々の織物「五星出東方利中国討南羌」から弓を射る際の「肘当」用に加工された。具体的検出場所はニヤ遺跡95年1号墓地M8男女合葬棺。

(「五星出東方利中国」に関する書籍・盾・ワインなど〈部分〉)

「五星出東方利中国」をYahooで検索するとヒット数は数万、中国「百度」では560万余(20.11.09時点)も。書籍も学術書から写真集まで数百、記念品もネクタイやスカーフなど数百種。発掘して25年も経つのになぜこれほど有名なのか、なぜ重要なのか?「吉兆」文物であると同時に「中国」と現中国旗の「五星」が織り込まれているからである。タクラマカン沙漠の古代王国と中原王朝との密接な交流を示しているからであり、中国と外国(日本)との共同発掘でもあるからだ。David W.Pankenier教授によれば、五星が次に東方に並ぶのは2040年9月9日とか。皆様ぜひご覧ください。小僧は浄土から眺めることになる。

蛇足:NHK「シルクロード」では「ほぼ70年ぶりの外国人によるニヤ遺跡踏査」と。正確には「ほぼ50年ぶり」である。スタインが第四次新疆探検でニヤ遺跡を発掘したのは1931年だからだ。第四次新疆探検は「ビザ取消・出国命令」と「屈辱的失敗」に終わり、報告書を出しておらず、スタインの新疆探検は3回とされてきたための誤りであろう。興味おありの方は拙論「スタイン第四次新疆探検とその顛末」(佛教大学HP)約11万字と長文ながら検索ください。ボドリアン図書館スタイン日記や中国政府史料などから明らかにした。

■筆者プロフィール:小島康誉
1942年名古屋市生まれ。佛教大学卒。浄土宗僧侶、日中理解実践家。1982年より中国新疆を150回以上訪問し、世界的文化遺産保護研究・人材育成など国際協力を多数実践。
ブログ「国献男子ほんわか日記」
書籍はこちら(amazon)

※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング