全日空が「成田-深セン」便を就航、国際線就航は9カ月ぶり―中国メディア

人民網日本語版    2020年12月17日(木) 16時40分

拡大

全日空は14日、成田と広東省の深センを結ぶ路線を就航させた。同社が国際線の路線を新たに就航させるのは3月以来約9カ月ぶり。

全日空(ANA)は14日、成田と広東省の深センを結ぶ路線を就航させた。同社が国際線の路線を新たに就航させるのは3月以来約9カ月ぶりで、日本の航空会社が深センへの直行便を就航させるのもこれが初めてとなる。

成田-深セン便の就航により、全日空が運営する中国への便は4本(成田-上海、成田-広州、成田-青島、成田-深セン)に増える。全日空は3月に羽田-深セン便の就航を予定していたが、新型コロナウイルス感染症の流行拡大を受け延期していた。

新型コロナウイルス感染状況が拡大を続ける中で、ビジネス関係者を中心に、日中間の航空運輸ニーズは依然として高い。全日空は徐々にフライト再開を進め、国際線ニーズの全面的な回復に対応していくとしている。(提供/人民網日本語版・編集/AK)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携