日本の対韓国貿易黒字が43.7%アップ!自動車は176.5%急増=韓国ネット「不買運動は私だけ?」

Record China    2020年12月17日(木) 7時20分

拡大

16日、韓国・YTNは「先月の日本の対韓国貿易黒字が大幅に増えた」と報じた。資料写真。

2020年12月16日、韓国・YTNは「先月の日本の対韓国貿易黒字が大幅に増えた」と報じた。

財務省の発表によると、先月の日本の対韓国貿易黒字は前年同期比43.7%増の1516億円だった。自動車の輸出は前年同期比176.5%急増し、ビールなどを含む食料品も28.5%増加したという。

これについて記事は「韓国では昨年7月から日本製品不買運動が続いていたが、最近になってビールと自動車を中心に日本製品の需要が回復していることを示している」と説明している。

先月の日本の全体の貿易収支も、7月以降5カ月連続の黒字となった。ただ記事は「新型コロナウイルスの影響により貿易全体の規模が減少した中で輸出より輸入が大幅に減少した“不況型”とみられる」と指摘している。

これに韓国のネットユーザーからは「だろうね。不買運動は3年も続かないと思っていた」「あんなに頑張っていたのに悲しい」「いまだに日本のビールを飲む人がいるなんて」「今も日本産を不買しているのは私だけだったの?」「韓国人の熱しやすく冷めやすい性質が証明されたね」「駄目だ。日本産の輸入をもっと減らさないと」などため息交じりの声が寄せられている。

その他「どうせ日本がいなければボールペン1本もまともに作れないんだから。今の時代に不買運動をすること自体が間違っている」「相当な量の日本産原材料が入ってきているから、ユニクロの服を不買したくらいでは何の効果もない。企業が原材料の部品を国産化しなければ、貿易戦争での真の勝利はない」などの主張も見られた。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携