中国初のリニア観光専用線路、1本目の列車がラインオフ―中国メディア

人民網日本語版    2020年12月17日(木) 6時40分

拡大

中国初のリニア観光専用線路である広東清遠リニアプロジェクトの1本目の列車が15日、長春市でラインオフした。

(1 / 2 枚)

中国初のリニア観光専用線路である広東清遠リニアプロジェクトの1本目の列車が15日、長春市でラインオフした。同列車は中車長客の次世代中・低速リニア列車プラットフォームを採用。常電導磁気浮上と車載ショートステータ・リニアモーターけん引技術を使用し、最高運行速度は120km/h。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

広東清遠リニア観光専用線路プロジェクトは、長隆テーマパーク観光地への観光客の移動を主な機能とする。1期の線路の全長は8.014キロメートル。同列車の各車両の最大磁気浮上重量は40トンで、列車の最大定員は500人。

この列車の流線型の先頭車両は微笑むイルカのようで、外側にはタンチョウなど複数の可愛らしい動物のイラストが採用されており、車内のデザインには涼し気な森などの要素が取り込まれていた。

同社磁気浮上研究所のチーフエンジニアである任忠華(レン・ジョンホア)氏によると、中・低速リニア列車は制御を受ける電磁力により車両をレール上で浮上させ、リニアモーターにより走行させる。グリーンで環境に優しく(低騒音、低振動)、安全性が高く、最小回転半径が小さく、登坂能力が高いといった特徴がある。

同社の研究開発者は列車の安全性を保証するため、磁気浮上制御予備システムを設置し、自動けん引機能を追加した。高圧がない状況下でも蓄電池により低速で走行できる。

清遠磁浮公司党工委書記を務める周飛(ジョウ・フェイ)会長は「中・低速リニア列車の建設には、低コスト、短期間、敷地面積が小さいといった総合的な優位性がある。都市の市街地、近距離の都市間、観光地の交通接続に適しており、高い将来性を持つ」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携