韓国の「プデチゲ」、米軍の食べ残しから生まれた!?―中国メディア

Record China    2020年12月17日(木) 22時20分

拡大

中国のポータルサイト・網易に16日、韓国の庶民の味であるプデチゲを紹介する記事が掲載された。写真はプデチゲ。

中国のポータルサイト・網易に16日、韓国の庶民の味であるプデチゲを紹介する記事が掲載された。

ここ数年、中国の大都市では日本料理や韓国料理がブームとなっており、記事によると鍋料理のプデチゲもその中の一つという。記事は「その歴史は朝鮮戦争にさかのぼる」とし、戦争(休戦)の後、韓国の民生は崩壊寸前の状態で特に食糧難が深刻だったと指摘。また、「それには朝鮮半島の特別な地形が関係している。大きな戦争に直面したら食糧の生産、輸送は深刻な痛手を被り、大規模な飢饉(ききん)が発生する」とした上で、韓国に駐留する米軍がプデチゲ誕生のきっかけになったことを紹介した。

記事は、「米軍の韓国駐留は当時から現在まで続いている。その強大な後方勤務のおかげで兵士らはさまざまな種類の栄養のある食べ物を口にできたが、それに決して満足していなかった。ランチョンミートやベーコン、ハムなどはとっくに食べ飽きてしまい、少し食べただけで捨てられることが多かった」と続け、空腹に苦しんでいた当時の韓国の人々がそれらを家に持ち帰り、きれいに洗うなどした後、鍋に入れて煮込んだと説明。これが非常においしく、米軍施設の門の前では話を聞いた大勢の人が残り物を手に入れようと待ち構えたそうだ。

記事は「その後、韓国の経済状況は次第に上向き、日本のインスタントラーメンも伝わった。米や野菜はかなりの値段で、安くて便利なインスタントラーメンは人気の的に。それはプデチゲに入れられるようにもなった」と述べ、「戦争で飢餓状態にあった人々が命をつなぐためにやむを得ず米軍の残り物を拾った。そして韓国人が好む食べ物が加えられて現在の美食になった」と締めくくった。(翻訳・編集/野谷

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携