Record China

ヘッドライン:

思わず納得!?日本育ちの中国人漫画家が描く「中国あるある」がおもしろい!

配信日時:2020年12月31日(木) 22時30分
拡大
日本育ちの中国人で、漫画家兼デザイナー兼通訳者のかいしさん。インスタグラムのフォロワーは7万人を数え、その声をもとに描いた「中国あるある」シリーズも反響を呼んでいる。

日本育ちの中国人で、ペルー留学やドミニカ共和国に駐在した経験を持つ漫画家兼デザイナー兼通訳者のかいしさん。インスタグラムのフォロワーは7万人を数え、その声をもとに描いた「中国あるある」シリーズも反響を呼んでいる。一つのエピソードがイラスト1枚で紹介されていて、思わず「そうそう」「なるほどね」「そうなの?!」とつぶやいてしまいそうな逸品のオンパレードだ。

これまで同シリーズは計4回掲載されており、1回目は以下のようなエピソード。

■「声が必要以上にデカイ」

■「夏に腹を出しているおじさんが異様に多い(いわゆる北京ビキニ)」

■「他人との距離感が少しオカシイ(日本に比べてすごく近い)」

■「接客する気ゼロと思わせる態度」

■「中高の制服が死ぬ程ダサい(ブカブカなジャージー上下)」

かいしさんは自身のブログでそれぞれに解説を加えていて、「声の大きさ」については「なぜ中国人はうるさいのか」を自ら調べてみたのだそう。それによると、「中国には四つの音調があり、(音量が)低いと聞き取れない」「程良い自己主張」などの説が見つかったが、大いに納得できたのは中国トレンドマーケター、こうみくさんが紹介する

1.「騒音公害による聴力低下」

2.「迷惑さよりメンツを重視する文化(他人のメンツをつぶさないよう、会話の場に第3者がいる場合はその人にも聞こえるように話して『あなたの陰口ではない』ということをアピールする)」

3.「賑やかさ=縁起がいいとされる文化」

のとりわけ2番目だったそうだ。

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング