思わず納得!?日本育ちの中国人漫画家が描く「中国あるある」がおもしろい!

Record China    2020年12月31日(木) 22時30分

拡大

日本育ちの中国人で、漫画家兼デザイナー兼通訳者のかいしさん。インスタグラムのフォロワーは7万人を数え、その声をもとに描いた「中国あるある」シリーズも反響を呼んでいる。

日本育ちの中国人で、ペルー留学やドミニカ共和国に駐在した経験を持つ漫画家兼デザイナー兼通訳者のかいしさん。インスタグラムのフォロワーは7万人を数え、その声をもとに描いた「中国あるある」シリーズも反響を呼んでいる。一つのエピソードがイラスト1枚で紹介されていて、思わず「そうそう」「なるほどね」「そうなの?!」とつぶやいてしまいそうな逸品のオンパレードだ。

これまで同シリーズは計4回掲載されており、1回目は以下のようなエピソード。

■「声が必要以上にデカイ」



■「夏に腹を出しているおじさんが異様に多い(いわゆる北京ビキニ)」



■「他人との距離感が少しオカシイ(日本に比べてすごく近い)」



■「接客する気ゼロと思わせる態度」



■「中高の制服が死ぬ程ダサい(ブカブカなジャージー上下)」



かいしさんは自身のブログでそれぞれに解説を加えていて、「声の大きさ」については「なぜ中国人はうるさいのか」を自ら調べてみたのだそう。それによると、「中国には四つの音調があり、(音量が)低いと聞き取れない」「程良い自己主張」などの説が見つかったが、大いに納得できたのは中国トレンドマーケター、こうみくさんが紹介する

1.「騒音公害による聴力低下」

2.「迷惑さよりメンツを重視する文化(他人のメンツをつぶさないよう、会話の場に第3者がいる場合はその人にも聞こえるように話して『あなたの陰口ではない』ということをアピールする)」

3.「賑やかさ=縁起がいいとされる文化」

のとりわけ2番目だったそうだ。

//

シリーズ2回目では、中国社会の「先進ぶり」を示すエピソードなどを紹介した。

■「タピオカは10年前から中国で流行っていた」



■「現金を使ったらみんなお釣りがなくて困る程キャッシュレスな社会」



■「コンビニの自動化が進んでて近未来的には店員さんが不要になるかもしれない」



■「中国女子はメイクよりアプリで盛る」



■「男より女が強そう」



■「謎のファッションセンス」



かいしさんによると、中国には「アジア女子には三大技術がある。韓国女子は整形術、日本女子はメイク術、中国女子はアプリ術」という言い回しがあり、アプリで「作品」並みの仕上がりになるからメイクにあまり力を入れない中国女性も多いという。

//

3回目は、より生活感を感じさせるエピソード。

■「中国人の手と口によって基本食べられない物は無い」



■「大抵の病気は熱湯で治るらしい(中国では『熱湯は百病を治す』という言い伝えが信じられている)」



■「(服の)原色コーデが多い」



■「仲良くなる前は他人、仲良くなれば家族」



■「トイレに紙が無い・和式が多い」



また、「新時代の中国にはこんな感じの女子が増えた」として4人の女性を登場させた。



「後の事は後で考える」と仕事を辞めて世界旅行に出発する女性や「夢は起業。私が稼ぐから男は私に黙ってついて来ればいい」という女性など、いずれも自分の夢ややりたい事に前向きに取り組む女性たちで、田舎には「亭主関白」の観念がまだ深く残っているものの、「近年の中国、特に都会では昔のステレオタイプな中国女子と一味違った中国女子が生まれてきている感じがする」という。

//

4回目は以下のようなエピソードだ。

■「みんなめがねなので面倒くさくなって自分もめがね」



■「メンツは何よりも大事」



■「奢り(おごり)文化が根深い」



■「自己主張がやたら強い」



■「美女と野獣系カップルが妙に多い」



■「久しぶりに帰国した人はあまりの変化に観光者並に戸惑う」



眼鏡率の高さについてかいしさんは「大量の宿題や電子機器の使い過ぎなどが原因で、近視の人が圧倒的に多い」「乾燥がひどくてコンタクトの付け心地が悪い」「オシャレとしての眼鏡」「単にコンタクトを付けるのが面倒くさい」「コンタクトの値段が高い」が理由ではないかと分析。

また、若い世代に割り勘が広がってきたとは言え「おごり文化」を重視する人はまだかなりいて、「おごられた方はおごった方のメンツを立てた」ことになるという。中国で相手のメンツをつぶすことは「空気の読めない人間」を意味するそうだ。

//

自己主張の強さにも「莫大な人口を抱える中国は弱肉強食社会で、自己主張ができなければすぐに蹴落とされる」との事情があり、「美女と野獣系カップルの多さ」は「中国の男性は社会的ステータス、学歴、家庭環境、金銭面などが顔より重視される」ことが背景にあるという。

かいしさんは「中国あるある」とは別に「中国と日本のモテの違い」というイラストもインスタに投稿しており、推測として日本の男性について「身だしなみ、顔、清潔感、価値観、ファッションセンス、優しさ、金銭感覚、安定した仕事」を挙げたのに対し、中国の男性については「身長、経済力、学歴と頭脳、親の仕事、価値観、ユーモア、誠実さ、出身地」などが条件と指摘した。



また女性バージョンでは、全体的に柔らかい印象の女性を「多分モテる日本女子(推測)」として描いた。一方、「モテる中国女子(主に北京)」としたのは「クールな美人感ハンパない」女性で、長身・足が長いというのもポイントなのだそうだ。







母国・中国を外の世界から眺めた時間が長いかいしさんだけに、そのイラストにはより客観的な目線が感じられる。次はどんな「中国の姿」を切り取り、私たちに見せてくれるのか。今後の活躍から目が離せない。(編集/野谷

●イラスト作者プロフィール:かいし

日本育ちの中国人で、中国語・日本語・英語・スペイン語のマルチリンガル。元スペイン語通訳者、漫画家、総合デザイン1年生。現在、北京在住。
twitterはこちら

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

ANOMADO ショッピングサイト オープン!詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携