韓国教授、中国の事典が修正したキムチ記述に「また歪曲」と不満爆発=中国ネット「韓国人はまず…」

Record China    2020年12月15日(火) 14時0分

拡大

韓国人教授が中国のオンライン百科事典「百度百科」のキムチに関する記述に抗議し、修正させた問題で、同教授が「百度百科」側の対応に再び不満を表明した。

韓国人教授が中国のオンライン百科事典「百度百科」のキムチに関する記述に抗議し、修正させた問題で、同教授が「百度百科」側の対応に再び不満を表明した。

「旭日旗」や竹島問題などでの日本への抗議でも知られる韓国誠信女子大学のソ・ギョンドク教授は先日、「百度百科」の「泡菜(漬物)」の項目の「韓国の泡菜(キムチ)の起源は中国」という記載は誤りであると主張。「百度百科」側に抗議し、該当箇所を削除させた。

一方で、「百度百科」側は上記の部分は削除したものの、中国最古の詩集『詩経』の中の句に漬物の製法が記されていたこと、韓国農水産食品流通公社北京農業貿易館の鄭雲溶館長が過去に「1300年前の朝鮮半島三国時代に中国の漬物が韓国に伝わり、現地の民族の食習慣と結びついて発展、今日の韓国のキムチになった」と述べていたことなど、中国側の立場を補強する記述を追加した。

これについて、ソ教授は14日に「キムチが三国時代に中国から伝わったなどという歴史歪曲(わいきょく)を再び行った」と批判。「百度が主張の根拠として用いた2013年10月26日の記事(新華網)は、参考資料や文献など具体的な根拠を全く示していなかった」と指摘した。

また、「百度百科」が「泡菜」の項目をネットユーザーが自由に編集できないようロックをかけたことについても言及。「百度百科」によると、ロックは「論争があり、議論の結果が出ていない」「専門家が提供した内容の厳密さを保つため」などの理由でかけられるものだが、ソ教授は「正々堂々とした議論を避けた。自信のなさの表れだ」などと非難した。

ソ教授はさらに、「正しい指摘に対してコミュニケーションを拒否した百度との議論はもはや意味がない」とし、「英語・中国語など多言語によるキムチ関連映像を制作して、キムチの正しい歴史とキムチ文化を世界に伝える」との考えを示した。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)では15日午前の時点で、関連のワードがランキングの上位に入るほど注目を集めている。

中国のネットユーザーからは、「韓国人はまずトウガラシがどうやって自分たちの国に伝わったか言ってみよ」「なぜキムチばっかり持ち出すのか。あ、キムチしか出せるものがないのね。じゃ仕方ない」「キムチに使うハクサイも中国からの輸入に頼ってるくせに」「そもそも韓国に歴史なんてあるのか」「歴史や文化を持たない国が、毎日のように他国の文化を奪おうとしている」など、皮肉や批判の声が相次いだ。

一方で、「主張はどうあれ、韓国人が文化遺産保護に対する意識が強いのは認める」「韓国が中国の文化を奪おうとしているという人が多いが、私たちは反省すべきではないか?私たちは伝統文化の保護を重視してきたのか?シュー・カイ(許凱。中国の俳優)の帽子論争だって、多くの人の第一印象は韓国の帽子だというもので、後で調べたら中国が発祥だと分かったんだ。文化保護は口だけじゃ駄目」とのコメントも寄せられ、賛同を得ている。

キムチをめぐっては、国際標準化機構(ISO)で11月24日、中国が主導して進めていた「泡菜」(paocai)の国際標準の最終案が批准されたことを受け、韓国で「キムチ文化が奪われる」との懸念の声が上がり、韓国政府が「キムチとは無関係の中国の塩漬け野菜・泡菜に関するもの」と説明する事態に発展していた。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携