Record China

ヘッドライン:

2030年までに中国は420隻の軍艦を保有するが、米国の目標は355隻―中国メディア

配信日時:2020年12月15日(火) 15時20分
拡大
中国の軍事系ニュースサイトのCHN強国網は14日、「米国メディアによると、2030年までに中国は420隻の軍艦を保有するが、米国は355隻を目標と定めているにすぎない」とする記事を掲載した。資料写真。

中国の軍事系ニュースサイトのCHN強国網は14日、「米国メディアによると、2030年までに中国は420隻の軍艦を保有するが、米国は355隻を目標と定めているにすぎない」とする記事を掲載した。

記事はまず、「米軍事サイトdefenseworld.netの11日付記事によると、中国海軍は10年後、420隻以上の軍艦を保有する世界最大の海軍になる可能性がある一方で、米海軍がこのほど発表した建艦30年計画によると、米国は30年代初頭までに355隻体制となる」「計画では、潜水艦建造の加速、航空機の近代化、巡洋艦の耐用年数の延長、駆逐艦の数の増加などにより、海上と海中の有人・無人の艦艇を拡大することを求めている」などと伝えた。

さらに「空母の数は8〜11隻(ただしこれは16年の計画だ。計画では、58年までにフォード級空母10隻を建造し、現有のエンタープライズ級空母、ニミッツ級空母と交代させる)。無人艦艇140隻を240隻へ、攻撃型原子力潜水艦54隻を70~80隻へそれぞれ増やす。一方で弾道ミサイル原子力潜水艦は現有の14隻から12隻へ減らし、巡航ミサイル原子力潜水艦(SSGN)4隻を除籍させる。新たにコンステレーション級フリゲート20隻、軽空母6隻を建造する」などと紹介し、「計画の主眼は、軍艦のサイズを中国に追いつくように拡大するだけでなく、軍艦の数も穴埋めするとともに、駆逐艦の耐用年数も延ばすというものだ」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング