赤ちゃんを救うために信号無視したドライバー、こんな仕打ちに遭うとは…―中国

Record China    2020年12月16日(水) 0時20分

拡大

14日、中国メディアの頭条新聞によると、乗客の子どもが急病となり、病院に直行すべく信号を無視した運転手が交通違反をめぐるトラブルに巻き込まれた。

2020年12月14日、中国メディアの頭条新聞によると、乗客の子どもが急病となり、病院に直行すべく信号を無視した運転手が交通違反をめぐるトラブルに巻き込まれた。

記事によると、広東省東莞市のネット配車サービスの運転手が先日、3人連れの家族を乗せたところ、赤ちゃんが突然発作を起こして意識を失った。運転手は急いで病院に向かったが、その際に3回にわたり信号を無視したため、警察官から交通違反を指摘され18点の減点(中国の交通違反は減点方式)、600元(約9500円)の罰金が科せられた。

事情を知った交通警察官から「病院からの証明を出せば処分が取り消される可能性がある」と説明された運転手がこの家族に証明を依頼したところ、家族はなんと「われわれと信号無視は関係ない」とこの頼みを拒否。結局、警察が監視カメラの映像などから運転手の説明が真実であることを確認し、処分を取り消した。運転手は自身の行動に「後悔していない」と語る一方で、「家族の態度は理解しかねる」と首をかしげているという。

この件について、中国のネットユーザーは「本当に良心のない家族だな」「まるで運転手の良心を犬のエサにでもするかのような家族の不道徳さ」「警察がちゃんと処置してくれてよかった」「家族に不利になる要素はないはずなのに、本当に理由が分からない」などの感想を残している。

また、「うがった見方かもしれないが、警察にはこの家族をちゃんと調べてほしい」「赤ちゃんは本当にこの家の子どもなのだろうか」「人身売買の子かもしれないぞ」といった疑問を抱くユーザーも少なからず見られた。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携