Record China

ヘッドライン:

日本の次世代戦闘機はF-22とF-35のハイブリッドに?―中国メディア

配信日時:2020年12月15日(火) 0時20分
拡大
13日、中国メディアの参考消息は、日本の次世代戦闘機についてF-22とF-35の「混合体」になる可能性があると報じた。

2020年12月13日、中国メディアの参考消息は、日本の次世代戦闘機はF-22とF-35の「混合体」になる可能性があると報じた。

記事は、日本メディアの報道として、航空自衛隊に就役しているF-2の後継機について、三菱重工が主に開発を担当するとともに、日本政府が米国のロッキード・マーティン社を選んで技術支援を受ける見込みであると紹介。日本政府はこの次世代戦闘機をおよそ90機導入し、2035年に退役予定のF-2から置き換える予定であり、総開発費用は1兆円に達する見込みだと伝えた。

また、日本国内の防衛産業技術を維持するために、エンジンはIHIが、機体はスバルがそれぞれ担当することになり、ロッキード・マーティンは機体システムの整合やステルス技術などを請け負い、部品開発では英BAEシステムズと提携することになるとしている。

その上で、英ロイターがこの件について、F-2戦闘機も三菱重工とロッキード・マーティンが設計、製造したこと、ロッキード・マーティンが先日F-35とF-22のハイブリッド設計プランを打ち出していたことから、次世代戦闘機においてロッキード・マーティンがパートナーとして開発に参加することは想定内だったと報じたことを紹介した。

記事は、F-3またはF-Xと称される日本の次世代戦闘機のスペックについて、F-22が持つ超音速巡行能力、空対空作戦の強みと、F-35の多機能性の強みが一つのプラットフォームにて集約され、空中戦分野の新天地を切り開くことになるだろうと報じられていることを伝えた。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング