Record China

ヘッドライン:

中国がまた世界の自動車市場の「けん引車」に―ドイツ専門家

配信日時:2020年12月16日(水) 5時20分
拡大
14日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、ドイツの自動車業界ウオッチャーが中国の自動車市場について「再び世界のけん引車になる」との見方を示したことを報じた。写真は中国の車展示会。

2020年12月14日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、ドイツの自動車業界ウオッチャーが中国の自動車市場について「再び世界のけん引車になる」との見方を示したことを報じた。

記事は、ドイツの自動車業界ウオッチャー、フェルディナンド・デュデンホッファー氏が、新型コロナウイルス感染拡大からいち早く抜け出した中国市場の見通しが明るいことから、ドイツの自動車メーカーの販売状況は安定傾向に向かうとの見通しを示したことを伝えた。

そして、中国の自動車市場が2022年には18年のレベル、すなわちトランプ米大統領が対中貿易戦争を仕掛ける前の、最も多くの自動車が売れた年の水準にまで回復する見込みであり、21年の成長率が8%、22年が6.5%に達してそれぞれ世界市場の成長予測を2ポイント程度上回るとの予測を紹介した。

一方で、深刻な感染拡大から抜け出せない欧州の自動車販売市場の回復は遅れ、21年、22年の販売量が「コロナ前」の水準にまで戻らない見通しであると指摘。欧州では新型コロナの影響に加えて、すでに市場が一部で飽和状態にあり、消費者による大規模な新車購入のムーブメントが起こりにくいという背景もあると説明している。

記事は、同氏が今後の新型コロナの感染状況や経済状況といった要因による多少の変動はあるものの、基本的に「今後数年、中国が再び世界の自動車市場の『けん引車』になるだろう」と述べたことを伝えた。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング