Record China

ヘッドライン:

日本でも話題のチベット族のイケメン青年、2時間のライブ配信で200万円稼ぐ―中国メディア

配信日時:2020年12月15日(火) 13時20分
拡大
上遊新聞は12日、中国で爆発的な人気となっているチベット族のイケメン青年、丁真さんについて、「わずか2時間のライブ配信で約15万元(約238万円)を稼いだ」と報じている。

中国のニュースサイトの上遊新聞は12日、中国で11月ごろから爆発的な人気となっているチベット族のイケメン青年、丁真(ディン・ジェン)さんについて、動画投稿サービス「抖音」で2時間のライブ配信を実施したところ、33万人が視聴し、収入は約15万元(約238万円)と推計されると報じた。

記事によると、視聴者から丁さんに贈られたバーチャルギフトは300万(30万元相当)に上った。丁さんが所属する会社はライブ配信による収入には関与しないことを表明しているため、配信プラットフォームによる手数料を差し引くと、丁さんの収入は約15万元となるそうだ。

記事は、丁さんがわずか2時間のライブ配信で15万元を稼いだことについて、ネット民からは「数年間苦労して働いても、丁さんの2時間のライブ配信に及ばない」などの声が聞かれたと伝えている。

2000年生まれの丁さんは現在、四川省のカンゼ・チベット族自治州に在住。SNSへの投稿をきっかけにそのイケメンぶりが一気に話題になり、出身地には大勢の観光客が押し寄せ、丁さんは地元の観光大使を務めることとなった。また、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官がツイッターで丁さんを「明るく無邪気な笑顔で、最近、ソーシャルメディアのスターになっています」と紹介したことで、海外でも注目度が高まった。

日本のテレビ番組も「純粋な笑顔がまぶしい19歳」と紹介し、「注目されたことで、地元の観光大使になった。SNSの動画がきっかけで、爆発的人気となり、出身地が一大観光地と化している。四川省に向かう航空便の利用者が2割増える社会現象となった」などと伝えている。

また、中国全土の多くの省、区、市のメディア、文化・観光当局がSNSで、「うちの街に来てほしい」とメッセージを出すなどして、「丁さん争奪戦」を繰り広げている。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング