頭部のない巨大石像が老朽化した団地に?!中国ネットで話題―重慶市

Record China    2020年12月13日(日) 5時0分

拡大

10日、中国のネット上で話題となった頭部のない巨大石像について、中国メディアの上遊新聞は「中華民国時代の石像で、頭部の損壊は恐らく1950年代だ」とする記事を掲載した。

(1 / 2 枚)

2020年12月10日、中国のネット上で話題となった頭部のない巨大石像について、中国メディアの上遊新聞は「中華民国時代の石像で、頭部の損壊は恐らく1950年代だ」とする記事を掲載した。

その他の写真

記事によると、高さ約13メートルのこの石像があるのは重慶市南岸区で、老朽化した団地に隠れていたその姿は先ごろ行われた周辺の環境整備であらわになった。石像の周りのアパートはいずれも1980年代に建てられたものだそうだ。

10日に現地で行われた専門家の考証によると、石像は第3回全国文化財一斉調査(2007~11年)で中華民国時代の像とされていた。現在の状況から、仏教ではなく、近代の民間信仰と関係があるとみられ、頭部の損壊は恐らく1950年代だという。文化財としての価値の確定にはさらなる研究が必要とのことだ。(翻訳・編集/野谷

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携