武漢でプレーする外国人選手、中国サッカー協会から「帰化」を打診されるも拒否―中国メディア

Record China    2020年12月11日(金) 11時0分

拡大

9日、観察者網は、中国サッカー・スーパーリーグの武漢卓爾に所属するコートジボワール人選手が、中国への帰化を拒否したと報じた。

2020年12月9日、観察者網は、中国サッカー・スーパーリーグの武漢卓爾に所属するコートジボワール人選手が、中国への帰化を拒否したと報じた。

記事は、海外サッカーメディア「Africa top sports」の8日付報道を紹介。それによると、同クラブに所属する26歳のFWジャン・エヴラール・クアシがトーク番組に出演した際、11月に中国サッカー協会からの帰化要請を断ったことを明らかにしたという。

近年、中国サッカー協会は中国と縁のない外国人選手に中国国籍を与えて中国代表に加入させる取り組みを強化しており、2015年に上海上港に入り、17年からは当時2部リーグの甲級に所属していた武漢卓爾に移籍、18年の1部昇格に貢献し、今年のリーグ戦でも活躍したエヴラールを有力候補の一人としていたようだ。

これまでコートジボワール代表に選ばれたことがなく、中国サッカーにも適応していることから協会がラブコールを送ったものの、本人が「コートジボワール代表」でプレーする夢を抱き続けていることを明らかにしたことで、この計画は頓挫することとなった。記事は、エヴラールがかつてクロアチアのクラブに所属していた際にも、現地のサッカー協会から帰化の話が出たとした上で、この時もやはり「コートジボワール代表になるのが、子どものころからの夢」と断った経緯があると伝えた。

この件について、中国のネットユーザーは「彼の考えを支持するし、敬服する」「尊敬されるべき愛国者だ」「誘惑を断り、祖国を愛する姿勢はあっぱれだ」など、エヴラールの信念に賛同し、高く評価するコメントを残している。

このほか、「目先の利益のために帰化戦略に走るのではなく、じっくりと自国の選手を育てるべき」「帰化で強くなろうというのは、これまで中国サッカーに注目し続けてきた自分にとっては気分が悪い。もうやめてくれ」など、帰化戦略を推し進める中国サッカー協会に対する疑問や批判の声も少なからず見られた。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携