文大統領の支持率が就任以来最低に、その理由は?=韓国ネット「もう何もしないで」

Record China    2020年12月7日(月) 10時20分

拡大

4日、韓国・聯合ニュースによると、文在寅大統領の支持率が就任以来最低になった。写真は文大統領。

2020年12月4日、韓国・聯合ニュースによると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が就任以来最低になった。

記事によると、韓国・ギャラップが今月1~3日に全国の満18歳以上1000人を対象に調査を行った結果、文大統領の支持率は前の週より1%下がった39%を記録し、就任以来最低となった。一方、不支持率は3%上がった51%だった。年齢別では、20代が支持40%で不支持41%、30代がそれぞれ39%と54%、40代が47%と46%、50代が38%と55%、60代以上が33%と57%となったという。

不支持の理由としては「不動産政策」が22%で最も多く、「法務部・検察の対立」や「全般的に不足」が9%で後に続いたという。

韓国・リアルメーターの調査でも文大統領の支持率は37.4%で就任以来最も低かった。

これを見た韓国のネットユーザーからは「ひとつもちゃんとした政策がない」「前は神さまのように思って支持していたけど、今では歴代の大統領が懐かしい」「3.9%の間違いじゃなくて?」「支持率操作してない?」「何もしなくても50%はいくだろうに。もう何もせずに静かに過ごして、任期満了を迎えた方がいい」など厳しい声が相次いで寄せられている。(翻訳・編集/松村)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携