ノージャパンショックで韓国最大のユニクロ店舗も閉店へ=韓国ネット「民族の快挙」「ネットでこっそり…」

Record China    2020年12月4日(金) 22時20分

拡大

4日、韓国・マネートゥデイによると、昨年7月に始まった日本製品不買運動などの影響により、ユニクロの韓国最大の店舗である明洞中央店が閉店することとなった。写真は韓国のユニクロ。

2020年12月4日、韓国・マネートゥデイによると、昨年7月に始まった日本製品不買運動などの影響により、ユニクロの韓国最大の店舗である明洞中央店が閉店することとなった。

記事によると、同店舗は来年1月31日を持って閉店する。2011年11月に明洞駅7番出口のすぐ横に4階建ての大規模店舗としてオープンし、韓国でユニクロを代表する店舗となった。オープン初日には20億ウォン(約2億円)の記録的な売り上げを見せ、その後も有名人とのコラボ商品が発売されるたびに数百人が行列を作っていたという。

ところが日本製品不買運動と新型コロナウイルス事態の影響により、2019年9月から2020年8月(第16期)に884億ウォン(約88億4000万円)の営業損失を出した。2018年9月から2019年8月(第15期)には1994億ウォン(約199億4000万円)の営業利益を出していた。売上額も前年同期比54.3%減の6298億ウォン(約629億8000万円)を記録。前年度に1663億ウォン(約166億3000万円)だった当期純利益は994億ウォン(約99億4000万円)の純損失に転じたという。

韓国でユニクロの店舗は続々と閉店しており、今月だけでもロッテフィットイン東大門店、ロッテマート沙上店など4店舗が閉店するという。

これに韓国のネットユーザーからは「この国が誇らしい」「民族の快挙だ」「ソウル市民、かっこいい」「この調子で努力を続けよう」「頑張った甲斐があった」など不買運動の成功を喜ぶ声が上がっている。

一方で「明洞は他の有名ブランドも続々と閉店している。これは不買運動ではなくコロナの影響だろう」「今は明洞自体が廃れつつある」「みんなオンラインでこっそり買っているのでは」「日本の車やゲームは相変わらずよく売れているよ」などと指摘する声も見られた。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携