2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

習近平主席の独での演説、対日強硬姿勢が鮮明=専門家「日本の右傾化批判が含まれている」―中国メディア

配信日時:2014年3月31日(月) 16時30分
習近平主席の独での演説、対日強硬姿勢が鮮明=専門家「日本の右傾化批判が含まれている」―中国メディア
画像ID  416324
30日、シンガポール華字紙・聯合早報(ウェブサイト)によると、中国の習近平国家主席は28日、ドイツのベルリンで演説を行った際、日本の侵略戦争について中国人に深い記憶を刻んだと述べた。資料写真。
2014年3月30日、シンガポール華字紙・聯合早報(ウェブサイト)によると、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は28日、ドイツのベルリンで演説を行った際、日本の侵略戦争について中国人に深い記憶を刻んだと述べた。

その他の写真

習主席は演説のなかで2度にわたって日本の戦時中の暴行に言及し、中国はこれらの歴史を忘れないとした。一方で、「われわれ中国人は『己の欲せざるところ、人に施すことなかれ』と考えている」と語り、中国は平和的発展の道を進むと強調した。

また、中国の外交政策について習主席は「中国は問題を起こさないが、問題を恐れもしない。中国の正当で合法的な利益を断固として守る」とした。

専門家は「習主席の態度は日本に圧力を与えるもの。“中国は歴史と同じ轍を踏まない”との決心を示すと同時に、欧州各国に戦後の平和を維持することを呼びかけた。これは、日本の右傾化への批判が含まれている」と指摘している。(翻訳・編集/北田
最新ニュースはこちら

SNS話題記事