Record China

ヘッドライン:

韓国経済団体が「7年後に輸出で日本を超える」と予想=韓国ネットは悲観的「残念だけど7年後の韓国は…」

配信日時:2020年12月4日(金) 13時30分
拡大
3日、韓国・ソウル経済は、「韓国が7年後には日本を超える世界5位の輸出国になる」という経済団体の展望について伝えた。写真は仁川港。

2020年12月3日、韓国・ソウル経済は、「韓国が7年後には日本を超える世界5位の輸出国になる」という経済団体の展望について伝えた。

韓国の経済団体・全国経済人連合会(全経連)は同日、「韓国が2010年以降の輸出成長率(年平均1.68%)を維持するだけでも、7年後には輸出競争力の弱体化が明らかな日本を追い越し世界5位の輸出国になる」との見通しを発表した。昨年、輸出国世界5位の日本と7位の韓国との輸出額の差は1637億ドル(約17兆円)で、世界市場シェアは韓国が0.7%低かったという。

新型コロナウイルスの影響を受け、世界的に経済危機に見舞われた今年上半期、世界の交易量は前年同期比12.9%減少し、世界20大輸出国も14.2%減少した中、韓国は11.3%減少と善戦した。9月からは輸出が7.9%の増加に転じ、7~9月期の累積輸出量は前年同期比8.6%減にとどまったという。

全経連は「この10年間で世界輸出市場における日本と韓国の存在感が変わった」と強調。2011~2019年の韓国の輸出は、THAAD(高高度防衛ミサイル)の韓国配備をめぐる中国との問題を抱えつつも年平均1.68%のプラス成長を続けた。一方で日本は0.96%減少したという。

また、新型コロナによる経済危機の打開と世界5位の輸出国への参入時期を早めるためには「当局の攻勢的な通商政策の展開が必要」だとも指摘。環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への加盟条件を整え、2018年3月以降およそ2年半にわたり進められている「中韓FTA投資・サービス交渉」の早期妥結などに力を入れる必要があると主張したという。

全経連国際協力室のキム・ボンマン室長は「米国のバイデン新政権がTPPに復帰して韓国が参加できない場合、韓国の経常収支は約18億ドル減少する。米韓が共にTPPに加盟した場合、経常収支は約266億ドル増加すると予想される」と説明したという。

これを受け、韓国のネット上では「無理だろうね。製造業は人件費上げろとデモばかりしてるのにうまくいくと思う?」「ゴールドマンサックスの見通しかと思ったら…。全経連って聞いてため息」「競争相手は日本だけ?最近じゃ東南アジアの国々も台頭している。追い越される心配もすべき」「残念だけど7年後の韓国は人口、生産可能人口ともに減少が始まるころだよね?」など悲観的な見方が数多く見られる。

その他「7年後なら政権も交代しているし、できるかも!」「文政権じゃなかったらもう追い越してたかもね」「その前に文大統領が国を滅ぼす可能性がある」など現政権への批判的な声も寄せられている。(翻訳・編集/松村)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング