日本は本当に排他的なのか?水を買おうとしたら無視される―台湾メディア

Record China    2020年12月3日(木) 19時20分

拡大

聯合新聞網は11月30日付で「日本は本当に排他的なのか?」と題し、YouTubeチャンネルやネット掲示板に寄せられた声を紹介している。

スポーツメーカー、ナイキのCMが物議を醸す中、台湾メディアが相次いでこの問題に注目。聯合新聞網は11月30日付で「日本は本当に排他的なのか?」と題し、YouTubeチャンネルやネット掲示板に寄せられた声を紹介している。

記事は、ナイキが日本で発表したCMが日本の人種差別問題に触れ、ネットユーザーからは不買の声も上がっているとした上で、「しかしながら多くの台湾のYouTuberやネットユーザーらは、日本に差別問題があるのは非常に明白だと考えている」と説明。例として、有名な掲示板のPTTに書き込まれたいくつかのケースを紹介した。

それによると、あるユーザーは日本を旅行で訪れた際に常温のミネラルウオーターがほしかったため、店の店員に簡単な英語で尋ねたものの無視されたというエピソードをつづり、「日本人が丁寧に外国人に応対するのは、観光客が行くような場所、例えばディズニーランドといったところだけなのか」と落胆したことを告白した。

また、別のユーザーからは「日本で生活することと日本を旅行することは全く別。遊びに行った時の友好的な感じを本当の日本文化と思ってはいけない」「こちらの日本語がどれだけ上手でも、外国人だと分かった瞬間、敬語を使わなくなる」「(店で)私の日本語の発音がうまくないのを聞いた店員が購入を拒否した」といった声が寄せられたと伝えている。

さらに、あるYouTubeチャンネルが在日外国人にインタビューした動画を紹介。この動画内では、日本で受けた差別について黒人男性が「店に入ろうとしたら『日本人だけです』って断られた」、中央アジア系とみられる男性が「(日本での差別は)外国人かどうかというよりも、どこの国の人かによる。個人的には欧州や北米の人は差別されることが少なく、アフリカ系やインド系の人は多いと思う」、韓国出身だという女性が「キムチ臭いと言われた」、白人男性が「地下鉄に乗っていたときに隣の席が空いているのに誰も座らなかった。(気分が悪かった?と聞かれ)少しだけ。日本は高度に同質化を求める国だということは分かっている」と、それぞれ話している。

また、日本人の外国人差別とメディアとの関係について、上述の黒人男性は「日本人は黒人がどんなであるかをよく知らないからだと思う。映画で黒人はよくチンピラのように描かれるでしょう?ヒップホップとかもそう。日本人はメディアをすごく信用していると思う」と語った。白人男性は「日本のコメディアンが顔を黒く塗って黒人のマネをするのは有名な例。アメリカでこんなことをしたら大きなニュースになるよ」と語り、中央アジア系とみられる男性も「アメリカ人の友人が日本のテレビの取材を受けた時、日本語を言い間違えた。『やり直させてほしい』と伝えたけど『こっちの方が面白いから』と断られた」とのエピソードを紹介し、「メディアが外国人をバカっぽく見せようとしているんだと思う」と語っている。

聯合新聞網の記事はこのほか、日本の「職場いじめ」を説明する別のYouTubeチャンネルも紹介しており、こちらでは「無視によるいじめ」「言葉や暴力によるいじめ」「定時までに終わらない仕事を振るいじめ」「(仕事を振らず)孤立させるいじめ」「他人の手柄を自分のものにするいじめ」「私生活に干渉するいじめ」の6つを挙げている。

日本の外国人差別やいじめについては、三立新聞網などほかの台湾メディアもナイキの騒動と絡めて紹介している。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携