Record China

ヘッドライン:

日本では絶賛、でも韓国では…チベット族のイケメンに対するネットユーザーの反応に違い―中国メディア

配信日時:2020年12月2日(水) 21時20分
拡大
中国だけでなく日本でもイケメンぶりが大きな話題になっているチベット族の丁真さんについて、中国メディアの観察者網は2日付の記事で、日本と韓国のネットユーザーの反応の違いを伝えた。

中国だけでなく日本でもイケメンぶりが大きな話題になっているチベット族の丁真(ディン・ジェン)さん(19)について、中国メディアの観察者網は2日付の記事で、日本と韓国のネットユーザーの反応の違いを伝えた。

四川省カンゼ・チベット族自治州で暮らす丁さんは、SNSの投稿をきっかけにそのイケメンぶりが一気に話題になり、出身地には大勢の観光客が押し寄せる事態に。注目を集めたことで丁さんは地元の観光大使を務めることとなった。また、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官が自身のSNSで丁さんを「明るく無邪気な笑顔で、最近、ソーシャルメディアのスターになっています」と紹介したことで、海外でも注目を集めることになった。

観察者網はまず日本での反応について、11月30日にニュース番組で取り上げられたほか、ポータルサイトでも「中国で爆発的人気」と報じられたことを紹介。日本のネットユーザーからは「シンプルなイケメン。爽やか。あまり騒がずそっとしておいてあげて」「自然なイケメンで素朴な感じがする」「爽やかであり、ワイルドさもある。目の保養になった」「K-POPアイドルと真逆の自然体な好青年。人気が出るのも当然」といった好意的なコメントが寄せられていることを伝えた。

一方で、お隣の韓国でも聯合ニュースやインサイトなどのメディアが「丁真って誰?チベット族のイケメンが中国全土で話題に」「太陽のようなイケメンぶりで女性たちのハートを盗む」などと好意的に報じたものの、ネットユーザーの反応は「日本と比べると“鼻持ちならない”という感情に満ちていた」と説明。聯合ニュースの記事の下のコメント欄では、「大したことはない」という反応が大多数だったとし、「韓国の田舎にいっぱいいるレベル」「このくらいの顔に熱くなる中国人の悲しさよ。まったく美しくない」「この程度で人気になるようなら、わが国のウォンビンが中国に行ったら、かっこよすぎて中国人民は全員卒倒するのでは?」などのコメントが共感を集めていたと伝えている。

思いがけず注目された丁さん。突然のことに「なぜ人気になったのか分からない」としながらも、「故郷のPRができてうれしい」と率直な気持ちを語った。今後については、勉強と仕事の両立のほか、「乗馬を続けてチャンピオンにもなりたい」との目標も語っている。(翻訳・編集/北田

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング