Record China

ヘッドライン:

中国EVメーカー、時価総額でダイムラーやBMW上回る―中国メディア

配信日時:2020年11月30日(月) 14時0分
拡大
中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(電子版)は30日、「中国の電気自動車(EV)メーカー、時価総額でダイムラーやBMWを上回る」とする記事を掲載した。写真はNIOのフル電動SUV「ES8」。

中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(電子版)は30日、「中国の電気自動車(EV)メーカー、時価総額でダイムラーやBMWを上回る」とする記事を掲載した。

記事によると、ドイツ誌フォークス(電子版)は29日、「中国の新興自動車メーカーがドイツのメーカーを追い抜く」とし、「EVといえば、ほとんどの人が米国のテスラを思い浮かべるが、中国のメーカーも引けを取らない。比亜迪(BYD)や蔚来汽車(NIO)の時価総額はすでに、ダイムラーやBMWなどドイツの伝統的なメーカーを上回っている」と伝えている。

フォークスによると、テスラの時価総額は2020年初は800億ドルに満たなかったが現在は5340億ドル(約4500億ユーロ、約55兆4700億円)となっている。中国メーカーも、吉利汽車(Geely)や長城汽車(Great Wall)などの伝統的なメーカーに加えて、複数のEVメーカーが業界の焦点に移動している。BYDの時価総額は今年に入ってから389%増加し615億ユーロ(約7兆6400億円)、NIOは1236%増の614億ユーロ、小鵬汽車(Xpeng)は198億ユーロ、理想汽車(Li Auto)は143億ユーロとなっている。

一方、ダイムラーの時価総額は614億ユーロ、BMWは486億ユーロとなっている。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング