中国・ASEAN博覧会での習主席の挨拶から読み取れるシグナル

CRI online    2020年11月28日(土) 14時50分

拡大

習近平国家主席は27日午前、第17回中国・東南アジア諸国連合(ASEAN)博覧会と中国・ASEANビジネス投資サミットの開幕式で挨拶しました。

習近平国家主席は27日午前、第17回中国・東南アジア諸国連合(ASEAN)博覧会と中国・ASEANビジネス投資サミットの開幕式で挨拶しました。これにより、北京で開かれた中国国際サービス貿易交易会と上海で開催された中国国際輸入博覧会に続き、大きな国際展示会に出席したことになります。

 新型コロナの影響で、今年9月に予定されていた中国・ASEAN博覧会は11月27日から30日までの期間に延期されましたが、今回はハイレベルで新しい形式の博覧会となりました。

 レベルが高いというのは、習近平国家主席が挨拶したことに由来します。このほか、ラオスやカンボジアの首相、インドネシア、ミャンマー、フィリピンの大統領らASEAN諸国の指導者もビデオメッセージを寄せました。

 そして、形式が新しいというのは、初めてオンラインとオフラインを組み合わせた展示形式を採用したことです。このうち、オフラインの展示面積は10万4000平方メートル、ブースは5400カ所に達しました。また、オンラインで出展した企業は1500社を超えました。

 今回の博覧会のテーマは「『一帯一路』の共同建設、デジタル経済の共同振興」です。27日に行われた挨拶の中で、習主席は、戦略的相互信頼の向上、発展計画の結びつきの強化、科学技術イノベーションの向上、デジタル経済協力の深化という4点を提案しました。

 発展計画の結びつきを強化する上で重点の一つとなるのは、中国による「一帯一路」イニシアティブと「ASEAN連結性マスタープラン2025」との連結をめぐる協力です。2013年10月に初めてインドネシアを訪問した際、習主席はASEAN諸国と海洋協力パートナーシップを発展させ、21世紀の「海上シルクロード」を共に建設したいと表明しました。これは、習主席が初めて中央アジアを訪問した際に提唱した「シルクロード経済ベルト」の建設と併せて、「一帯一路」イニシアティブを構成しました。

 今年は「中国・ASEANデジタル経済協力年」でもあります。習主席は27日の挨拶で、「中国側はASEAN諸国と手を携えて、新たな科学技術革命と産業変革のチャンスをつかみ、デジタルの相互連結を推進し、『デジタル・シルクロード』を構築したい」との考えも示しました。古代の海上シルクロードから現代の「デジタル・シルクロード」まで、中国・ASEAN協力はより広い将来を見せています。

 さらに、より緊密な中国・ASEAN運命共同体を建設し、双方の次の「黄金の10年」を切り開くために、習主席は経済貿易協力を強化して地域経済の全面的な回復を加速させること、新型コロナ対策をめぐる協力のレベルを高めて公衆衛生上の能力づくりを強化することも提唱しました。(提供/CRI

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

時事 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携