日本で9本足のタコ発見、「放射能の影響の可能性」と中国国営テレビ

Record China    2020年11月27日(金) 11時20分

拡大

26日、中国中央テレビ(CCTV)は、日本の沿岸で9本の足を持つタコが見つかり、放射性物質の影響の疑いがあると報じた。資料写真。

2020年11月26日、中国中央テレビ(CCTV)は、日本の沿岸で9本の足を持つタコが見つかり、放射性物質の影響の疑いがあると報じた。

CCTVは「先日、宮城県の海沿いの村で9本足のタコが出現した」と紹介。発見した漁師が「生まれて初めて見た」と語ったことを伝えた。

そして、「漁師が村の自然保護機関に連絡すると、専門家がこのタコを鑑定し、漁業関係者に対して『村が福島第一原発の所在地に近いため、放射性物質による突然変異の可能性も否定できない』と注意を呼び掛けた」と報じている。

なお、日本メディアの報道によれば、9本足のタコが見つかったのは同県南三陸町。胴体から9本生えているのではなく、1本の脚から枝分かれするように9本目の足が生えていたという。専門家によれば、珍しい現象ではあるものの、タコの足には傷ついた部分から過剰に再生することが知られており、過去にも足が増えた例があるとのことだ。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携