Record China

ヘッドライン:

日本に登場した100万円のマスク、韓国でも注目集める「日本人らしい」「これも使い捨て?」

配信日時:2020年11月27日(金) 22時20分
拡大
26日、韓国・ソウル新聞が「新型コロナウイルスの1日の感染者数が約2000人に上る日本で、100万円のマスクが発売された」と報じ、韓国のネット上で注目を集めている。資料写真。

2020年11月26日、韓国・ソウル新聞が「新型コロナウイルスの1日の感染者数が約2000人に上る日本で、100万円のマスクが発売された」と報じ、韓国のネット上で注目を集めている。

記事が紹介したのは東京で売られている100万円のマスクで、0.7カラットのダイヤモンドやスワロフスキークリスタルなどがあしらわれている。このマスクが実際にウイルスを防げるのかについては確認されていないというが、製造会社は今年9月からさまざまな価格帯のマスクを販売しているという。

また記事は「このマスクは世界で最も高いマスクではない」とも伝えている。今年8月にはイスラエルのある宝石業者が150万ドル(約1億5700万円)のマスクを公開した。マスクにはウイルスが侵入できないようN99規格の高性能フィルターも取り付けられており、米国在住の中国人美術品コレクターが購入したという。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは「日本はいつも笑わせてくれるね」「一体どんな人がこのマスクを付けるのだろう」「日本人らしい。これでコロナがなくなると思っているのか?」「今は世界の人にとってマスクは命のようなもの。100万円分のマスクをマスク不足で困っている人に配った方がいい」「マスクは使い捨てが鉄則。これも1回使ったら捨てるの?」「日本人にはアベノマスクがあるじゃないか」などさまざまな声が寄せられている。(翻訳・編集/松村)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング