王毅外相が二階幹事長と会談、コロナ落ち着いた後に日中の人員往来拡大へ―中国メディア

人民網日本語版    2020年11月26日(木) 18時50分

拡大

王毅国務委員兼外交部長(外相)は25日、東京で自民党の二階俊博幹事長と会談した。

(1 / 2 枚)

中国の王毅(ワン・イー)国務委員兼外交部長(外相)は25日、東京で自民党の二階俊博幹事長と会談した。

その他の写真

王部長は、「中国は新たな発展構造の構築推進を加速させ、内需をさらに拡大している。このことは、日本を含む世界各国に新しい重要なチャンスをもたらすだろう。新型コロナウイルス感染状況が落ち着いた後、双方は人員の行き来を徐々に拡大し、青少年修学旅行など双方向交流を展開し、両国の民意環境が足並みを揃えて改善するよう促していくべきだ。また、各分野における実務協力を強化し、協力の過程におけるそれぞれの懸念をしっかりと解決する必要がある。さらに、地域の一体化協力を強化し、地域的な包括的経済連携(RCEP)協定の早急な発効を共に促し、それをベースとして中日韓自由貿易協定交渉のプロセスを積極的に推進していくべきだ」と述べた。

また二階幹事長は、「日本側は双方が両国間で必要な人員の往来に便宜を図る『ファストレーン』設置を発表したことを歓迎し、双方がさらに民間友好交流を強化することを希望する。自民党は日中関係の安定的発展の推進に努め、両国の与党交流メカニズムの作用を引き続き発揮し、両国の経済貿易、観光、青少年、女性などの分野で交流と協力を深化させることを望んでいる」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/AK)

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

時事 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携