Record China

ヘッドライン:

トラ食が流行、役人やビジネスエリートの間で―広東省湛江市

配信日時:2014年3月28日(金) 0時35分
拡大
26日、広東省雷州市で希少な動物であるトラを食べることが近年流行している。と殺の瞬間を見た後、トラ料理をさかなに宴会が行われるという。資料写真。
(1/2枚)

2014年3月26日、人民日報(電子版)によると、広東省雷州市で希少な動物であるトラを食べることが近年流行している。2007年には通報によりトラを輸送中のトラックが摘発され、別の場所で2頭が確保。2010年にはある車からトラの毛皮と骨が見つかったほか、今年に入ってからも違法にトラを捕獲・加工して摘発される事件が起きている。

その他の写真

トラ食は役人やビジネスエリートの間で流行しているとされ、生きたままの新鮮な“素材”が確保できると、連絡を受けた信頼できる仲間が集まり、一緒にと殺の瞬間を見た後、トラ料理をさかなに宴会が行われる。雷州市ではトラ食はすでに公然の事実となっているという。

トラは麻酔を打って輸送するが、目が覚めた状態で客に披露した後、電極を口の中に突っ込み、電気ショックで殺すといった手口が使われている。解体・加工は豚や牛のと畜業者が請け負っている場合が多いとされ、報酬は1回1000元(約1万7000円)前後。トラ10頭余りをと殺したと通報された人物はベテランの元と殺業者だった。(翻訳・編集/岡田)

関連記事

ランキング