イーロン・マスクが世界2位の富豪に!ビル・ゲイツを抜く―中国メディア

人民網日本語版    2020年11月26日(木) 10時0分

拡大

米国で発行される中国語紙「世界日報」によると、米国の電気自動車大手テスラの株価がこのほど急上昇したため、同社の最高経営責任者のイーロン・マスク氏の資産額も急上昇した。写真はテスラ。

米国で発行される中国語紙「世界日報」によると、米国の電気自動車大手テスラの株価がこのほど急上昇したため、同社の最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏の資産額も急上昇した。ブルームバーグ社が23日に発表した億万長者ランキングでは、マスク氏はマイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏を抜いて、世界2位の富豪になった。中国新聞網が伝えた。

報道によると、最新の同ランキングで、マスク氏の資産額は1279億ドルに上った。2020年になってからの資産増加額は1003億ドルに達し、世界の富豪トップ500人の中で最多だった。20年1月時点でのマスク氏の順位は35位にとどまっていたという。

マスク氏の資産額が増加した最も大きな原因はテスラ株の高騰だ。現在、テスラ社の時価総額は5000億ドルの大台へと突き進んでいる。

報道によると、マスク氏の資産額の4分の3は保有するテスラ株によるもので、テスラの株価は同じくマスク氏が保有するスペースX社の株の4倍以上になる。現地時間の23日、テスラ株の終値は前取引日から6.6%上昇と大幅に値が上がり、過去最高値の521.85ドルをつけた。

ブルームバーグ社によると、世界富豪3位に順位を下げたビル・ゲイツ氏の資産額は1277億ドルだった。世界一の富豪は引き続きアマゾンの創業者のジェフ・ベゾフ氏で、資産額は1820億ドルに上った。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携