Record China

ヘッドライン:

日本が武漢に在外公館開設へ、9年前にも動き―中国メディア

配信日時:2020年11月25日(水) 20時0分
拡大
中国メディアの観察者網は24日、「日本政府が湖北省武漢市に在外公館を開設する準備を正式に進めていることが明らかになった」と報じた。写真は武漢。

中国メディアの観察者網は24日、「日本政府が湖北省武漢市に在外公館を開設する準備を正式に進めていることが明らかになった」と報じた。

現在、中国本土では上海、広州、瀋陽、重慶、青島の5都市に日本の総領事館が設けられている。また、日本では大阪、札幌、福岡、長崎、名古屋、新潟に中国の総領事館がある。

記事は、関係者の話として開設時期は2年以内が目標とされていると説明。9年前にも武漢に総領事館を設けようという動きがあったことを紹介した上で、「現在のところ詳細は伝えられておらず、総領事館が直接開設されるかどうかはっきりしない。重慶の総領事館は最初に(在中国日本国大使館重慶)事務所として設置され、7年後に総領事館となった」と指摘した。日本以外にロシアとタイも武漢に在外公館を設置したい考えを示したことがあるという。(翻訳・編集/野谷

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング