Record China

ヘッドライン:

看護師が妊婦に中絶薬を誤投与―中国

配信日時:2020年11月25日(水) 23時0分
拡大
中国安徽省合肥市肥東県の病院でこのほど、看護師が「保胎薬」として妊娠中絶薬を誤って妊婦に投与するということがあった。

中国安徽省合肥市肥東県の病院でこのほど、看護師が「保胎薬」として妊娠中絶薬を誤って妊婦に投与するということがあった。

中国のニュースサイト、澎湃新聞の24日付報道によると、妊婦は今月4日、保胎のため夫に伴われて肥東安貞医院に入院した。同6日、看護師は妊婦に対し保胎薬として経口妊娠中絶薬のミフェプリストンを誤って投与した。誤投与に気づいた看護師はすぐに責任者に報告。医師が催吐処置などを行ったが効果が明ら​​かではなかったため、肥東県人民医院に移送して胃洗浄などを行った。看護師は職務停止処分を受けた。

誤投与について、同院産婦人科の責任者は、「入院者が多く、病床に余裕がなかったため、人工妊娠中絶の患者と保胎の患者を同じ病棟に入院させていたことが主な原因」とした。

妊婦と胎児の状態は良好だが、妊婦の夫は、妊娠中絶薬が投与されたことなどから出産を望まないとし、病院側に見解と補償を求めた。

両者は同24日、補償額や今後の対応などで合意に達した。出産するかどうかについては、医師や薬剤師などの意見を参考に妊婦とその家族が判断するという。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

火鍋の中からネズミ、食べた妊婦に対し店側が驚きの申し出=中国ネットは激怒「なんて恥知らずな」

8日、看看新聞は、山東省で火鍋を食べていた妊婦が、鍋の中からネズミを発見し、クレームを出したところ、店から驚きの申し出があったと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2018年9月9日 23時20分
続きを読む

ランキング