Record China

ヘッドライン:

韓国の人工太陽KSTARが世界新記録! 摂氏1億度で20秒運転=ネット歓喜「韓国がエネルギー強国に」

配信日時:2020年11月25日(水) 21時20分
拡大
24日、韓国・イーデイリーは、韓国の人工太陽KSTARが、世界新記録を打ち立てたと伝えた。写真は韓国核融合エネルギー研究院KSTAR研究センター公式サイトより。

2020年11月24日、韓国・イーデイリーは、韓国の人工太陽KSTARが、世界新記録を打ち立てたと伝えた。

記事によると、韓国核融合エネルギー研究院KSTAR研究センターは、ソウル大学と米コロンビア大学との共同研究のKSTARプラズマ実験で、核融合の核心条件である摂氏1億度超の高温プラズマを20秒以上連続運転することに成功した。これは1億度超の高温プラズマ運転の世界最高記録であり、昨年の運転記録である8秒を2倍以上塗り替えたことになる。

核融合発電は、核分裂を利用してエネルギーを発生させる原子力発電とは異なり、水素核融合を通じてクリーンエネルギーを発生させるもの。海水から得た重水素と三重水素を利用することから、資源が無限であること、そして温室効果ガスの発生や爆発の危険性がないクリーンエネルギーとして注目されている。

韓国核融合エネルギー研究院のユ・ソクチェ院長は「人類が経験したことのない20秒を達成したことで、KSTARの優秀性を立証した。2025年には1億度以上で300秒を達成し、長時間の運転と核融合エネルギーの実現を目標に挑戦的な研究を続けていきたい」と話したという。

これを受け、韓国のネット上では「かっこいい」「韓国でこういう先端分野で世界を先導するのは初めてじゃない?。すごい!」「誇らしい。偉大な韓国の科学者たち」など喜びの声にあふれており、「もしこれが完成したら、危険で廃棄物のたまる原子力発電は終わりだ」「科学技術強国が資源強国を超えている」「ということは、2030年代には韓国がエネルギー強国になるってことだね」と期待も高まっている。

その他にも「科学技術に惜しみない投資をしてほしい」「韓国も核爆弾を保有してこそ、中国や日本、ロシア、米国から解放される」「これはまた文大統領がおこぼれにあずかるんじゃない?」などさまざまなコメントが寄せられている。(翻訳・編集/松村)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング