Record China

ヘッドライン:

「Go To」で日本人のマナーの悪さ露呈!?中国ネット「中国人はどれだけ無実の罪を…」

配信日時:2020年11月24日(火) 14時0分
拡大
日本政府が行う「Go To キャンペーン」で日本人の醜い姿があらわになったとする報道が、中国でも注目を集めている。

日本政府が行う「Go To キャンペーン」で日本人の醜い姿があらわになったとする報道が、中国でも注目を集めている。

関心が寄せられているのは日刊ゲンダイが21日付で掲載した「ホテルの嘆き…GO TO キャンペーンで『日本人の醜い姿』があらわに」と題する記事。高級ホテルに勤務する従業員らの話として、「Go To トラベル」が実施されてから「セクハラ発言をする」「外国人スタッフに差別的な発言をする」「有料の飲料などを利用するも申告せずにそのままチェックアウトする」「ホテルの備品を片っ端から持ち帰る」といった日本人客が増えたと伝えた。

また、「日本人客は食事でもテーブルを散らかし、部屋も汚く使う人が多い」「インバウンド客は声が大きく騒がしかったが、金払いは良く、部屋をきれいに使ってくれる」とのホテル従業員の声を紹介。「Go To トラベル」によって客層に変化が生じたことに言及する一方で、「日本人の“本性”を浮き彫りにした」とも指摘している。

中国メディアの観察者網は23日付の記事で「日本人観光客を優遇する政策(Go To トラベル)が、逆に日本のホテルを苦しめている」として日刊ゲンダイの記事を取り上げた。そして、「実際、日本のメディアはこれまでたびたび外国人観光客のマナーの問題を批判してきた。近隣の韓国、中国、台湾などはいずれもその対象だった」と伝えた。

また、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)では「隠し通せなくなった。中国人を含む外国人観光客が旅行に行かなくなると、もともと礼儀正しいと言われてきた日本人のマナーが急激に低下。どうやら『日吹(日本の良さなどを大げさに吹聴する中国人)』に目をくらまされていたようだ」などとしてこの記事が紹介され、ネットユーザーからは「中国人はどれだけ無実の罪を背負わされてきたのか」「中国をおとしめるためなら何でもありだったんだな」「清潔、匠(たくみ)の精神、礼儀正しいといった日本は、実は絵に描いた餅」「つまり中国人観光客は日本の道徳レベルの平均を引き上げていたってことね」「コロナによって、世界中が中国人に罪を着せていたことが明らかにされた」などのコメントが寄せられている。

コロナ禍以降、中国ではたびたび「中国人観光客が消えた日本に残るマナーの問題」が取り上げられている。(翻訳・編集/北田

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング