ドイツの科学者「現在世界的にまん延しているウイルスは北イタリアから。武漢からではない」―中国メディア

Record China    2020年12月1日(火) 12時20分

拡大

ドイツのウイルス学者のアレクサンダー・ケクレ氏は、ZDFのトークショーで、「現在、世界的にまん延しているウイルスは武漢のウイルスではない。北イタリアからのウイルスだ」と語った。写真は上海浦東国際空港。

中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報のニュースサイトの30日付報道によると、ドイツの著名なウイルス学者のアレクサンダー・ケクレ氏はこのほど、第2ドイツテレビ(ZDF)のトークショーで、「現在、世界的にまん延しているウイルスは武漢のウイルスではない。それは北イタリアからのウイルスだ」と語った。

環球時報のニュースサイトがイタリア紙ラ・レプッブリカの報道として伝えたところによると、ケクレ氏は、「世界のコロナ症例の99.5%は、北イタリアの突然変異にさかのぼることができる」とし、「それは元の武漢変種よりも感染力が強い」とした。

また、新型コロナウイルス拡大の責任については、「武漢ではそれが何であるか分からなかったのに対し、欧州では中国からの警告があったにもかかわらず、長い間無視されていた」とした。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携