Record China

ヘッドライン:

新技術が変えるアブラナの種まき

配信日時:2020年11月23日(月) 17時20分
拡大
アブラナの栽培は長い間、主に人工や機械による種まきで行われていましたが、22日に発表された新しい技術は、従来のアブラナの種まき栽培方式を根本から変え、水稲のように植え付けられるようになりました。

アブラナは中国南部で広く栽培されている重要な油糧作物の一つです。アブラナの栽培は長い間、主に人工や機械による種まきで行われていましたが、22日に発表された新しい技術は、従来のアブラナの種まき栽培方式を根本から変え、水稲のように植え付けられるようになりました。

農業農村部南京農業機械化研究所と揚州大学などの専門家チームは、10年かけて難題に取り組み、アブラナのセル成型苗の効率的な機械移植新技術の開発に成功しました。育苗されたセルトレイを一枚一枚畑に運び、特製の機械にセッティングすれば、水稲の田植えのようにアブラナを植えることができます。(提供/CRI

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社またはライセンス元に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング