Record China

ヘッドライン:

韓国企業の6割、社員の採用は「見た目重視」と回答―中国メディア

配信日時:2020年11月23日(月) 21時40分
拡大
20日、人民網は韓国企業の6割が社員を採用する際に「見た目」を重視していることが調査によって明らかになったと報じた。資料写真。

2020年11月20日、人民網は韓国企業の6割が社員を採用する際に「見た目」を重視していることが調査によって明らかになったと報じた。

記事は、韓国・京郷新聞の18日付報道を引用。韓国のある求人プラットフォームがこのほど企業372社を対象に「求職者の外見が面接試験の判定に影響するか」をテーマとした調査を実施したところ、55.6%の企業が「影響する」と回答する結果になったと伝えた。

また、外見が面接試験の成績に影響する理由を尋ねた複数選択式の質問では「見た目がいい人は自己管理ができる印象がある」が55.1%と最も多くなり、以下「顧客との接待に適している」が43%、「人間関係がスムーズになる」が30.4%、「自信があるように見える」が21.3%と続いたことを紹介している。

さらに、「見た目」で最も重んじる具体的な部分を聞いた複数選択式の質問で「印象、表情」が87.4%に達し、ほとんどの企業で特に重視されていることが明らかになった。以下「清潔さ」が45.9%、「着装」が30.9%、「スタイル」が20.8%、「顔のパーツ」が14.5%、「髪型」が11.6%となり、「化粧」が5.3%で最も低かった。

このほか、職種・業種別では「経営・経営管理」で60.4%が見た目を重視すると回答。以下、サービス業の31.9%、マーケティングの24.2%、広告・宣伝業界と人事・事務部門がそれぞれ23.7%となった。見た目を要求する割合が最も低かったのはIT通信技術業界で、5.8%だった。

記事は、韓国企業の間では外見の採用判定における比重は3割程度と認識されていると紹介するとともに、半数の企業が外見の印象が悪いことで応募者を落としたことがあり、逆に3社に1社の割合で「求職者の経歴や能力がやや不足していても、見た目の良さを加味して採用することがある」と回答したことを伝えている。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング