Record China

ヘッドライン:

中国は世界がどれだけ中国を必要としているかを示した―米コラム

配信日時:2020年12月20日(日) 16時40分
拡大
中国のニュースサイトの観察者網は16日、「中国は世界がどれだけ中国を必要としているかを示した」と題する米ブルームバーグのコラムを取り上げた。写真は北京の天安門広場。

中国のニュースサイトの観察者網は16日、「中国は世界がどれだけ中国を必要としているかを示した」と題する米ブルームバーグのコラムを取り上げた。

執筆したのはブルームバーグ・オピニオンのコラムニストで、アジア経済を担当するダニエル・モス氏。

記事は、中国国家統計局が発表した11月の鉱工業生産は前年同月比7.0%増、小売売上高は前年同月比5.0%増、1~11月の固定資産投資は前年同期比2.6%増となったことを取り上げた上で、「経済データはすべて力強く、市場予想と一致した」と評価した。

記事は、「世界はこれまで以上に中国を必要としている」とし、「世界の四つの経済大国のうち三つに大きな疑問符が付いている。ドイツと日本では景気が二番底入りする可能性があり、米国のリバウンドは勢いを失う中、中国は不可欠なプレーヤーとなっている」「中国がこの勢いを維持できれば、2021年の強力な世界的リバウンドの見通しは明るい」などと指摘した。

記事は日本について、「新型コロナウイルスの新規感染者が12日に初めて3000人を超えるなど事態は厳しい。菅首相はGoToトラベル事業の一時停止を余儀なくされた。一部地域では飲食店などへの時短営業の要請も延長する。2019年の消費税増税から回復しなかった経済への打撃は重大なものとなるだろう」とした。

記事はドイツや米国のコロナ感染状況にも触れた上で、「中国は強力な封鎖措置で流行を迅速に抑え込んだ。その措置のあら探しをする人もいるが、重要なのは経済がそこにぶら下がっていて、しかもはるかにうまくやっているということだ」と論じている。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング