ソウル市がペット対象のコロナ検査を開始も、韓国ネットは否定的「検査も受けられずにいる自分は犬や猫以下?」

Record China    2021年2月9日(火) 14時0分

拡大

8日、韓国・ニュース1は、ソウル市が同日からペットの犬と猫を対象とした新型コロナウイルス感染症の検査を実施すると伝えた。韓国内でペットの新型コロナ感染が確認されたことを受けた措置だという。資料写真。

2021年2月8日、韓国・ニュース1は、ソウル市が同日からペットの犬と猫を対象とした新型コロナウイルス感染症の検査を実施すると伝えた。韓国内でペットの新型コロナ感染が確認されたことを受けた措置だという。

同市は「ペットは感染者との接触により感染するため、検査対象は感染者との接触があり、感染が疑われる症状が見られる場合に限定する」としている。飼い主が自宅隔離の状況にあることを考慮し、獣医師を含む「ソウル市動物移動検体採取班」が自宅付近を訪問する形になるという。

また、「ペットから人間にうつるという証拠はない」ため、ペットが陽性判定を受けても別施設には移さず、自宅で14日間隔離保護とするという。ただ、飼い主が全員感染していたり、高齢または基礎疾患がありペットの世話をすることができないなどの場合は、市が隔離施設で保護するとしている。

韓国のネットユーザーからは「お金が余って困ってるのか?」「ソウル市は金持ちだね」「人間の感染も防げてないのに、何をやってるんだか(笑)」「税金の無駄遣い。公務員がいっぱいいるから、こんなくだらないことまでするんだ」「犬や猫がどれほど多いか分かってるのか?入国管理に力を入れるべき」「それより空港と教会の取り締まりを」「税金を払ってても検査も受けられずにいる自分は犬や猫以下か」「そのうち犬もマスクをして散歩させなきゃいけなくなりそうだな」など否定的なコメントが大半を占めている。(翻訳・編集/麻江)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携