北朝鮮が東京五輪不参加、どの競技に影響が出るか―中国メディア

Record China    2021年4月9日(金) 19時20分

拡大

中国メディアの環球網は7日、「北朝鮮が東京五輪不参加、どの競技に影響が出るか」と題する記事を掲載した。写真は新国立競技場。

中国メディアの環球網は7日、「北朝鮮東京五輪不参加、どの競技に影響が出るか」と題する記事を掲載した。

記事は、北朝鮮が新型コロナウイルスへの懸念から東京五輪不参加を表明したとする一方、日本国内の一部メディアでは「日朝関係の低迷が背景にある」との見方が出ていることを紹介。また、韓国・聯合ニュースが「五輪の力を借りて南北のこう着状態を打開しようとする韓国政府の努力も水の泡になる可能性がある」「対話が難航すれば、2032年に両国での共同開催を目指す計画もその動力を失うことになる」などと報じたことも伝えた

そして、「北朝鮮は1984年、88年の五輪には不参加だったが、以降の大会には選手を派遣している。また、ほとんどの夏季五輪で2個以上の金メダルを獲得しており、バルセロナとロンドンでは4個の金メダルを獲得した。2018年の平昌冬季五輪には金与正(キム・ヨジョン)氏が韓国を訪れ、五輪の見どころの一つとなった」と説明した。

また、「IOCは19年3月、東京五輪で南北が一緒に入場することを許可し、4競技(女子ホッケー、女子バスケットボール、カヌー、柔道)で南北合同チームが結成されることになった。韓国は同年6月と7月の2回、北朝鮮側と関連事項を協議しようとしたが、いずれも回答を得られなかった。しかし、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は20年初めに引き続きこの件を推進していくことを表明。21年度の主要計画でも東京五輪を機に南北協力を拡大すると言及していた」と振り返った。

記事は、北朝鮮が伝統的に力を発揮する競技として重量挙げと射撃を挙げた上で、韓国の報道を基に「北朝鮮は4月6日までに、射撃、アーチェリー、陸上、卓球、飛び込み、体操、レスリング、ボクシングの8競技で18の五輪出場権を獲得していたほか、重量挙げでは男女で6枠の出場権を得ていた」と説明。これらの競技ではメダルの行方に影響が及ぶ可能性があるとの見方を示した。

また、「今年6月に韓国で行われる予定の、サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会(22年)アジア2次予選に北朝鮮が参加するかも、アジアサッカー連盟(AFC)と大韓サッカー協会の関心事になっている」とも伝えた。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携