韓国ドラマが時代劇「陳情令」の衣装をパクリ?「あまりにも酷似」ネットで批判も

Record China    2020年11月21日(土) 22時20分

拡大

韓国tvNの新ドラマ「産後養生院」の時代劇パートの衣装が、中国の時代劇を意識したものであり、昨年ヒットしたドラマ「陳情令」にあまりにも似ていると中国のネットユーザーから声が上がっている。

韓国tvNの新ドラマ「産後養生院」の時代劇パートの衣装が、中国の時代劇を意識したものであり、昨年ヒットしたドラマ「陳情令」にあまりにも似ていると中国のネットユーザーから声が上がっている。

ニュースサイト・新浪(SINA)の報道によると、話題になっているのは韓国で今月スタートしたばかりのドラマ「産後養生院」。作品は現代ドラマだが、挟み込まれた時代劇パートでの衣装やいでたちが、長衣に長い髪を垂らし、さらに頭には束冠をつけており、完全に“漢服”スタイルなのが分かる。

この衣装を見た中国のネットユーザーから、明らかに中国の時代劇を意識したものだと指摘する声が上がっている。また、真っ白な長衣に長い剣を携えた姿は、昨年アジア中でヒットした武侠ファンタジーの「陳情令」にそっくりだとの声も多く、「パクリとしか思えない」「あまりに酷似していて弁解の余地はない」などといったコメントが寄せられている。

先日、制作中の中国時代劇ドラマ「尚食」から、主演俳優シュー・カイ(許凱)の衣装が明るみになると、韓国のネット上では“韓服”からのパクリを指摘する声が噴出した。これに対し、同作プロデューサーの于正(ユー・チョン)氏が、「明の時代の韓国は中国の属国。服装は明のものをそのまま使った」と発言して韓服のルーツは中国にあることを指摘。この騒ぎが記憶に新しいネットユーザーからは、「他人には執拗に口出しをしつつ、自分は平気で不正をする」などと皮肉るコメントも上がっている。(Mathilda

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携